タイ【女子旅】2泊3日バンコク滞在!ガイド付き貸切チャーター利用!

2020年10月12日ブログ,旅行

スポンサーリンク

どうもー!サワディー・カー!

2019年9月、タイ(バンコク)に2泊3日で女2人旅、いわゆる女子旅をしてきました!!海外旅行でタイに行くのは初めてです。

もう未知すぎて好奇心のみで行ってきました。だからこそ言える失敗談や注意点があります!

タイに行かなくても、このタイ女子旅ブログである程度、どんな観光名所があるのか、どんな所なのかを、内容をお伝えできればいいなと思います♪

ちなみにサワディー・カーとはタイのあいさつ語。何でもサワディー・カーで通じた気がします。というかタイ語はサワディー・カーしかしらない(笑)そんな状態で行ってきましたよ~!

スポンサーリンク

タイ旅行に必要な物【持ち物リスト】

タイ旅行ブログ(日記)女子旅の始まりです!

その前に、実際にタイに行って持って行ってよかったもの、必要だったものなど分かりやすく「持ち物リスト」としてまとめてみました!

必要なら印刷をしましょう。左の枠の☑を入れて最終確認!

持ち物リスト
パスポート(有効期限が6ヶ月以上あるもの。一番大事)
パスポートのコピー(手持ちバックに入れておく用)
航空券(eチケットお客様控え)
クレジットカード(現地での支払いなど・下の項で説明)
海外旅行保険の書類(契約をしている場合)
ボールペン(機内で配られる出入国カード記入のため。機内に持込)
スマートフォン(携帯、iPhone)
充電器(携帯の充電、日本で使っているやつでOK)
モバイルバッテリー(一日充電が持たない場合)
海外で使えるポケットWi-Fi(下の項で説明)
ポケトーク(小型翻訳機。必要な人のみ。下の項で説明)
変換用プラグ(コンセントについて。下の項で説明)
現金(日本円。カードを持って行かない人は念のために必要)
タイバーツ(タイのお金。LCCだと機内は早速タイバーツで支払い)
財布(現地用。小さく使いやすい物が良い)
ショルダーバック(手持ちカバン。下の項で説明)
歯ブラシセット(タイのホテルは無い場合が多い)
洗顔(タイのホテルは無い場合が多い)
シャンプー・リンス(ホテルは量が少ない場合もある)
ボディソープ(ホテルは量が少ない場合もある)
くし・ブラシ(タイのホテルは無い場合が多い)
バスタオル・フェイスタオル(使いやすいのは日本のタオル)
髭剃りセット(カミソリやクリーム。備わっていない場合が多い)
綿棒(備わっていない場合が多い)
パジャマ(備え付けのバスローブは寝ずらい場合が多い)
水に流せるポケットティッシュ(下の項で説明)
ポケットティッシュ(手持ちカバンに常備)
ウェットテッシュ(除菌用)
ハンドタオル(汗ふき・手ふき用。手持ちカバンに入れておく)
着替え(日数分の服)
下着(使い捨ての下着なども便利)
上着(店やレストラン・機内(LCC)は冷房が強い)
靴下
折り畳み傘(日傘兼用だとなお便利)
帽子(熱中症・日焼け対策)
日焼け止め(日焼け対策)
サングラス(日焼け対策)
(常備薬や酔い止めなど。日本から持って行ったほうが安心)
絆創膏(キズパワーパッドなど。急な怪我や靴ズレ防止用)
虫よけスプレー(外の観光地には蚊がいる)
スーツケース
折りたたみキャリーオンバック(下の項で説明)
ネックピロー(機内で使用する首枕)
携帯用スリッパ(機内で使用する。折りたたみタイプが便利)
マスク(機内で使用。乾燥対策)
サンダル(スコールの時期「雨季」はあると安心)
化粧品セット(化粧道具一式・化粧落とし)
スキンケア用品(化粧水・乳液など)
ヘアアイロン(ドライヤーはホテルにある場合が多いが要確認)
ヘアゴム(ホテルに備わっていない場合が多い)
ヘアスプレー
生理用品(慣れない旅行で乱れる。予定日じゃなくても持参)
コンタクトレンズ
メガネ
ビニール袋(使用済みの服入れ。仕分け用。何かと使う)
オムツ・ミルク(赤ちゃん用品も使い慣れたものが良い)
ガイドブック(必要な情報が多く、見やすいのであると良い)
※余白には個人で必要なものを忘れないように付け足し、持ち物リストを上手に活用しましょう。

日本のホテル・コンビニでは普通に備わっているのものが、タイにもあると思ってはいけません。

タイではそこそこ良いホテルだったとしても、日本のホテルほど完璧ではありません。(タイで星4つのホテルに泊まりましたが、アメニティは十分に備わっていませんでした。)

タイバーツ(B)

現在、 1B(バーツ)=約3.5円です。
実際に2泊4日で使用した金額は、飛行機・ホテル代・お土産代など日本円で総額7万円程で足りました。
飛行機はLCCで往復3万2千円。ホテルは2泊で1万円。その日本で支払うお金とは別で2万5千円を大黒屋でタイバーツに変換し持っていきました。
この金額だと、タイは物価が安いので、マッサージを受けたりトゥクトゥク・タクシーに乗ったり、不自由なく遊べる金額です。しかしお土産を格安で揃えたので、もうちょっとあった方が余裕があって良いかも。参考までに。
日本円とクレジットカードは、いつ何が起きるか分からないので持って行ったほうが無難です。最終的に友達は両替していったタイバーツが足りなくなってカードで支払いをしていましたよ。

※現地で両替も出来ますが、言葉が通じるか不安&うまく出来るか分からなかったので日本で両替をすることにしました。
ちなみに現地で両替した方がレートは良いです。現地だと空港・ホテル・銀行・両替所などで両替が可能です。

タイの硬貨

↑タイのお金は日本と同じく紙幣と硬貨があります。日本で両替できたのは紙幣だけです。

海外でも使用できるポケットWiFi

今回はグローバルWiFiにしました。ポケットWiFiです。ネットで簡単に申込みをし、日本の空港で受け取ります(返却も空港)。少し大きくて重いですが、慣れていない土地だとかなり必要なので、常に手持ちのカバンに入れておきたい。言葉が通じないときなどに検索をする・グーグルマップで地図を見る・どこに何があるか調べるときなどで大活躍します。
ちなみに2人で使用して、使っていないときは電源を切ったりして電池を節約すれば1日持ちます。動画など見なければWi-Fiのモバイルバッテリーの契約は無くても大丈夫です。
※ ホテルも無料でWi-Fiが使用できましたが、重かったです。

ポケトーク(小型翻訳機)

タイでは基本、外国人=英語です。アジア人だろうが関係なく流暢な英語で話しかけてきます。日本語を話せる人とは1人しか会いませんでした。今回の旅行では持っていきませんでしたが、あったほうが良かったかも。タクシーで行き先を説明したが通じず、結局降りたり、トゥクトゥクに乗った際に値段交渉がうまくいかず、かなり多く取られてしまったり・・・(汗)携帯でサーチしている余裕はありません(笑)
英語が全く自信なかったら持って行った方が良いです。
ちなみに現地のショッピングモールの警備員さんがポケトークを使って日本語を聞き取ってくれたりしましたよ。

公式HPからポケトークを探す・借りる。

コンセント・変換用プラグ

今回宿泊したホテル(バンコク)は、日本と同じAタイプのコンセントだったので、そのまま日本のコンセントが使用できました。バンコクの電源コンセントは日本と同じAタイプと、平ピン3つ穴のBFタイプ、丸ピン2つ穴のCタイプがある。バンコクはAタイプが主流なので変換用プラグなしで基本そのまま使用できます。
変圧器も基本的には不要。しかし地域や場所によって異なるので、調べておこう。

水に流せるポケットティッシュ

基本的にはボタンを押せば流れるタイプのトイレ。タイ古式のトイレは見かけませんでした。しかし!タイの空港で備え付けのトイレットペーパーを流して詰まったという事例に遭遇しました。水が逆流してました(汗)一応洗い流せるトイレットペーパーを持参していたので私は大丈夫でしたが、日本のトイレより完璧ではないため、トイレは洗い流せるポケットティッシュのほうが安心です。

ショルダーバック

ショルダーバックは前掛けをして、ひったくり防止ができます。あとは動きやすい&物が取り出しやすいというメリット。
旅行が終わった後は普段使いもできるので、持っておいて損はないです。

旅行におすすめのショルダーバックはこちら☆【クリック↓】

首枕「ネックピロー」

飛行機の機内で使用する首枕「ネックピロー」。タイまで片道約6時間です。寝る時には必須。多くの方がネックピローをしています。寝なくとも座っているときにネックピローをする・しないでは首の楽さが違います。荷物になりますが持って行って損はありません。※コンパクトタイプのものもあります。

折りたたみキャリーオンバック

空港でキャリーケースの上に載せて便利に持ち運びができる「キャリーオンバック」。キャリーケースに固定されるので載せるだけで1つ荷物が減ります。行きは必要ない場合が多いですが、帰りにキャリーケースに入りきらなかった荷物を入れたりして活用します。そのため折りたたみ式が便利。また機内にもショルダーバックとは別で一緒に持ち込めるので使い勝手が良いです。ちなみに私は行きのときにネックピローをキャリーオンバックに入れて機内に持ち込みましたよ。

歯ブラシセット

今回利用したホテルはかなりグレードの良いホテルでしたが、歯ブラシがありませんでした。意外な落とし穴です。タイではホテルに備わっていないことが多いです。持参しましょう。

【1日目】4つ星ホテルに宿泊

2泊3日ですが、飛行機の関係で2泊4日っていうのかな?まぁ細かいことは置いておいて、タイ旅行1日目は昼の14時出発の便です。成田空港より約6時間かけてタイへ!

まず成田空港でお昼を済ませます。食べたのは牛丼!機長?パイロット?みたいな方も食べていました♪しかしテーブルの片付けが全然出来ていなくて環境は悪かっ・・・

この時点で外国人の方を多く見かけだします。

そして飛行機で長旅を済ませタイに到着!

ちなみに行きの飛行機内で出入国カードを記入するのでペンを持っておいたほうが良いです。しかもカードはバリバリの英語とタイ語なので、訳してあって記入例もある「タイのまっぷる」とか持参していくと変な汗をかかなくて済みますよ。

タイに到着するやいなや、空港で早速セブンを発見!日本のお茶を購入しようとレジでお支払いをしていると、なぜか若い女性の店員さんに大きな声で何かを言われました。タイ後だったので分からなかったですが、怒られた・・の?(汗)

おそらく、私がもたもたしていたのがいけなかったのか、あきらかにイライラしていました。早速心が折れかける・・(もう帰りたくなったのは内緒)

バンコクのホテルまでタクシーで向かいます。もうここから日本語のない世界です。

タイ女子旅

↑タクシーから見るタイの道路。怖い・・・

タイの人は、外国人には基本みんな英語で話してきます。しかもネイティブスピードのバリバリの英語!全然聞き取れないし、日本人の話す英語は英語じゃないと痛感します。

1日目の出だしから雲行きが怪しい・・

それでも単語単語を聞き取り、タクシーの運転手と下手にコミュニケーションを取りホテルに到着!(笑)

タイの4つ星ホテルに宿泊

タイの4つ星ホテルに宿泊!

タイは物価がすごく安いので、日本人からすると4つ星でもあまり痛くない値段です。コンセントもそのまま使えるし、部屋もキレイです。

不便な点を言うと、ホテルのフリーwifiが通っていますが繋がりにくいです。海外用のポケットwifiを持っていっていたのでそっちを使用しました。海外対応のWifiをお探しの方へ→【SakuraMobile海外Wifi】

あとバスタブがないし、シャワーを出し過ぎると洗面所まで水浸しになること。アメニティは期待しないほうがいいこと、歯ブラシがないこと。トイレは洗い流せるポケットティッシュの方が安心なことですね。

でも4つ星ともなると十分宿泊に困らないのでおすすめです。

対応言語は英語とタイ後なので、日本語は全く通じませんが、どこもそんな感じでしょう。ホテルなので日本語を話せる人が1人くらいはいるかなと思いきやそんなに甘くはありませんでした。不安な人はポケトークを!

私たちが宿泊したホテルは、朝食バイキング付きのホテルでした。そこはGood!

そしてタイ旅行1日目の夜ご飯は近くにあった韓国料理のお店!(笑)

韓国のお店が密集している建物があり、その中の一つ「DON CHICKEN(ドンチキン)」で夜ご飯です♪

タイのDON CHICKEN(ドンチキン)

人気のチキンを食べたのですが、辛いの大好きな私でさえめちゃくちゃ辛いと思いました!辛すぎて途中でギブアップ・・そんなことめったにありません。人が食べると言うことを無視した辛さです(笑)美味しかったですが♪

ドンチキンは韓国のフライドチキンチェーン店で、結構人気のあるお店です。タイのお店ですが、韓国系の人がたくさんいました。旅行中かな?

1日目の夜はバンコクのナイトマーケットに参加予定でしたが、疲れてしまったので、友達と仲良くタイ旅行1日目を終了しました。タイの女子旅はまだまだ始まったばかりです・・・(友達はどう思っていたのか分かりませんが、もうちょっと帰りたい)。

【2日目】ガイド付き貸し切りチャーター・ターミナル21

タイホテルの朝食バイキング

↑朝食バイキングがついているホテルだったので朝からテンションが上がります!何の食べ物か分かるものしか取っていません(笑)

そして早速女子旅2日目のメインに!

ガイド付き貸切チャーター

ぬぬぬ・・・男!!?

はい。男です。女子旅であるはずのタイ旅行2日目は男の登場です!(笑)

何事かというと、2日目はガイド付き貸切チャーターを利用しました。

ガイド付き貸切チャーターとは、日本語の分かるガイドさん(タイ人)が車を運転してくれて、行きたいところどこでも連れていってくれて、中にまで入って案内・説明をしてくれます。

日本語の話せるタイの方と、観光地を巡るのは何かと安心だしとっても楽!しかも今回のガイドさん、とってもレディーファーストでお姫様気分を味わいました(笑)服装や身なりがしっかりとしていてブランド物を多く所有していたので稼いでいそう(笑)とても優しくていい人でした!

今回のガイド付き貸切チャーターのお値段は、1日8時間で約5000バーツです。

女子旅2日目の最初に向かった先は、アユタヤ。ワット・プラ・シー・サンペート(上の写真)ワット・ローカヤスッター
ワット・マハータート(下の写真)の順番でタイの観光をします。

ワット・マハータート

ワット・マハータートを観光していると、タイの幼稚園児が先生と社会科見学的なことをしていました。

その先生が私たちを見るなり、子供たちに何かを説明します。その時、なにやらガイドさんが笑い出しました。

「あれが日本人です。」と子供達に説明していたそうです(笑)

見世物・・というかよく日本人だって分かったな!?日本人オーラが出てたのかな?

お次にワットパクナーム↓

ワットパクナーム

中にはたくさんの観光客がいます。ワットパクナームはタイの映える写真スポットで有名な観光地の1つです。どの角度からでも映える写真が撮れるので写真撮影が非常に楽しかったです!ガイド付き貸切チャーターのガイドさんとも一緒に写真を撮ったり♪

ここまでゆったりとした車に乗っているだけで到着してしまうので、とっても楽チン。どこに行こうか決めていなくても、ガイドさんがおすすめの観光スポットを提案してくれますよ!

そしてお次はカオサン通りでお昼ご飯です。私が食べたのはガイドさんおすすめのカオオップサパロット!

タイのカオオップサパロット

上の砂糖菓子のようなものをどけると中はチャーハンです。カオオップサパロットは簡単に言うとパイナップルのチャーハンですね!

ちなみにお味は、私好みではありませんでした(汗)日本人の舌には合わないんじゃないかなぁ・・タイの人は甘いのが好きなので、何でも結構甘いです。タイで作られているお茶はどれもすごく甘いので注意ですよ!(日本産のお茶を買いましょう)

友達が注文したガパオライスはとっても美味しかったです(笑)

ガパオライス

↑ガパオライス。日本でもメジャーなタイグルメですね。

午後はカオサン通りを観光します。

カオサン通り

カオサン通りに来た理由は、友達がAAAのにっしーが好きで、何かの撮影場所になったとのこと。ここでタイパンツを買っていましたね。

カオサン通りは観光地で人気ですが、客引きが非常に多かったです。しかし我らのガイド付き貸切チャーターのガイドさんがブイブイ言わせていました。道を開けてくれたり、タイの横断歩道のない道路の先頭を切ってくれたりと、もうタイの女子旅に必須な存在です(笑)

ついでにすぐ近くの衣料品中心のローカル市場「バンランプー市場」も回りました。

市場の人はとてもゆるくて、寝ていたり・商品のご飯を食べていたり・店員同士でしゃべっていたりと売る気がないのが特徴(笑)むしろ私達観光客のことを怪訝そうに見てくるように見えたのは気のせいかな・・(怖い)。

ガイド付き貸切チャーターの終了時間が近づいてきているので、ここで帰宅ルートです。ホテルへの帰り道でスタバに寄ってもらいました♪

タイのスタバ

抹茶クリームフラペチーノを注文したはずなんですが、クリームが乗っていないですね(笑)言葉が通じていなかったのかな(泣)

タイでは1個買うと、もう1個ついてくるといった大胆なおまけが多く、友達が頼んだ飲み物がその対象で、もう一つ無料でドリンクを頂きました。それはガイドさんへプレゼントしましたよ♪

バンコクのホテルに到着し、ガイド付き貸切チャーターのガイドさんとさようならしました♪

まさに一期一会ですね!!いい出会いです。

タイ旅行をお考えの方で、特に女子旅の場合は絶対にガイド付き貸切チャーターを利用した方がいいと思います。観光そのものを安心安全で楽しめます。ガイドさんの素晴らしさとエスコートを体験したら旅行中ずっといてほしいと思うこと間違いなしです。

タイ旅行2日目の夕方でまだ時間があったので「ターミナル21」へ向かいます!比較的ホテルから近い場所にあったので歩いて向かいます。

・ターミナル21

ターミナル21

超巨大デパート「ターミナル21」!世界の有名都市をイメージした、空港がテーマのSCです!

中はどこもかしこもキラキラしていて、買えないものはありません。ターミナル21の中はタイっぽくないですね。色んな国の人が集まっていますし、世界をイメージしているデパートなので広大です。

旅行中のお土産はターミナル21の中で全て済ませましたよ♪

そして、何階かに日本をテーマにしたフロアがありました。

ターミナル21

↑日本のイメージ!(笑)これは写真を撮るしかないでしょう!!他にも「表参道」「原宿」といった文字が目立ちました。

最後に、ターミナル21の中に入っているマッサージやさんでマッサージをしてもらいました。タイといえばタイ古式マッサージですね!

・・・

めちゃくちゃ痛かった!

しかも店員同士で楽しそうにめっちゃしゃべってるし!(笑)

私を担当してくれた人は友達のマッサージ師さんと仲良くおしゃべりしながら、マッサージをしてくれました。ただただ痛かった・・汗。

ターミナル21はバンコクにあります♪地図で見る↓

ホテルへはまた歩いて向かいますが怖いです。タイは交通量(特に車)がものすごく多く、歩道が整備されていないため、歩くのが大変だし危険をずっと感じていました(汗)

横断歩道がないので普通に車が通っている道路を横切らないといけません・・めちゃくちゃクラクション鳴らされたりもしました(笑)

まぁ悪いことだけじゃなく、道路を渡れなくて困っていたら、優しいタイの方が「今だよ」みたいに手を差し伸べてくれたりもしたり。いろいろです。

気を取り直して3日目!

朝一で、週末のみ行われている「チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット」に向かいます。

そしてタイに来たからには、トゥクトゥクに乗ってみたいと思い、トゥクトゥクで向かいます!

【3日目】トゥクトゥクに乗る・セントラルワールド

トゥクトゥクは観光地を中心にめちゃくちゃたくさん走っています。声をかけられることもたくさんあるので、トゥクトゥクに乗れないということでは困りません。

タイ女子旅でトゥクトゥクに乗る

↑今回運転してくれたお兄さん。

後ろ姿だと、か弱そうに見えますが、めちゃくちゃ飛ばします!ぐんぐん車を抜きます!超怖いです!(笑)

シートベルトもないし、周りの策も弱いし、とにかく飛ばすし・・事故らずに着いたのが奇跡かもレベル。すごく楽しかったし海外旅行っぽいことが出来ましたが、めちゃくちゃ怖かったので、また次にトゥクトゥクに乗るかと聞かれたら乗らないでしょう(笑)

しかも最後に大きくぼったくられてしまいました。500バーツの支払い・・残念!!これも社会勉強。

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットで買い物

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケット

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットは屋台や出店がたくさん出ているタイの大きな市場です。

格安でお土産も買えますよ!

歩いていると「こんにちは!」と話しかけてくれる店員さんも。またまた日本人オーラ出てた!?

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットで飲み物を購入したのですが、「外人めんどう!」的な態度で全て無言でやりとりをされたときに、また心が折れかけました(笑)

服装に悩みますが、上の写真を参考に!9月ですが夏の恰好でOKです。(寒いお店が多いので、上着はあったほうがいいかも)タイでいうと9月は雨期ですが、雨はどの日も夕方にちょこっと降る程度で全然被害はありませんでした。準備万端にサンダルとか持ち歩いていたのですがね。

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットの帰り道、バンコクまでピンク色のタクシーに乗りましたが、ここでもぼったくられてしまいました(汗)

ぼったくりというか、もう頼み込んできていましたね。「お願い、いい?」的な感じで。女子2人だと強気に出れません・・海外旅行での女子旅はつけこまれてしまいますね。

セントラル・ワールドで買い物

タクシーでバンコクにあるセントラル・ワールドに到着!タイ最大のスターバックスがあったり、話題のショップやレストラン、映画館など500以上の店舗が揃う商業施設!

セントラル・ワールド

↑バンコクにあるセントラル・ワールド内でコナンカフェを発見。

セントラル・ワールド

↑ルタオを発見。日本で馴染みのある店舗などを見かけると、嬉しくなります。そして早く帰りたくなります(笑)

セントラル・ワールドは日本で言うと、渋谷の109・高島屋・伊勢丹の合体バージョンだと思いましたね。全体的に若くてイケイケ風な子がとても多かったです。

そんなセントラル・ワールドでタイ女子旅3日目のお昼ご飯にします♪

トム・ヤム・クン

↑トム・ヤム・クン

辛くて美味しかったです!

パッタイ

↑パッタイ

今回はトムヤムクンもパッタイもどちらも美味しかったです♪

迷子になったとき、セントラルワールドの警備員さんがポケトーク的な翻訳機を使ってスムーズに案内してくれました♪こういう翻訳機を日常で普通に使う時代が近づいてきています・・(笑)

セントラルワールドを地図で見る↓

そしてお近くのNaRaYa(ナラヤ)へ!

友達曰く、宝塚の人たちが愛用しているブランドみたいですね。見たことのある柄で愛着が湧きます。タイの人にとっては少々お高い価格だと思います。カバンなどのグッツが多数販売されていますよ。

最後にもう一度ターミナル21に戻りお土産などの買い物をし、ホテルで荷物を受け取ってバンコク・ドンムアン空港へ♪タイ女子旅も日本に帰宅モードです。

バンコク・ドンムアン空港

3日目に空港につきましたが、飛行機の出発時刻が夜中の0時を過ぎているので、実質4日目に帰宅です♪

出発時刻までかなり時間があったので、トイレで化粧を落としたり、夜中のスキンケアをしたり、歯みがきをしたり、女子は大忙しです!トイレがキレイで有り難い。

バンコク・ドンムアン空港はすごく広くて、お食事処もたくさんあり時間を潰せます。ここで3日目の夜ご飯を食べましたよ。

ガパオライス

食べ損ねたガパオライス。やっぱり定番グルメが一番美味しい

お土産やさんも、飛行機に乗るまでたくさん見かけるので、買い忘れたものがあっても安心です。

ここで気を抜いたのか、日本人によるドンムアン空港の女子トイレにて水の逆流事故が起きていました。紙詰まりが原因です・・。最後まで気を抜かずに、水で洗い流せるポケットティッシュの活用をおすすめします。大きな荷物は預けてしまうので小道具を持ち歩ける身軽なバック常に必須ですね。

タイ旅行終了です♪友達にも感謝~!

タイ女子旅ブログの一部始終、いかがでしたか?

今回の記事は2019年のものなので、時間がたてば変わることもあるかと思います。注意してくださいね。

個人的に心が折れそうな瞬間がただあったことが、イマイチ心の底からタイ大好き!には至れない。特にコンビニの店員さんがどこも冷たかったです(笑)

タイにいると日本は小さな国だということが分かります。結構、「チャイニーズ?コリアン?」みたいに聞かれました。ジャパンですよ!!

今回の旅行で日本人の女子同士ってことで危険な目にあったりということは、一切ありませんでした。ぼったくりはただありましたが・・

日本に戻ってきて改めて日本の住みやすさを実感し、もう日本から出たくありませんね~。

あまり良いことが言えなくて、タイ大好きな人にはごめんなさい(笑)でも世界を知る、日本を知るという意味では意味ある女子旅でしたよ!

見所はたくさんあったし、今回の観光コースはかなり充実していて満足できたので、モデルコースとして参考にしてみてください♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

ブログ,旅行タイ,女子旅

Posted by みーち