スポンサーリンク

スポンサーリンク

本場タイで食べたタイ料理の紹介!カオオップサパロットなど

2021年7月28日グルメ

本場タイ現地のカオオップサパロットってどんな?

カオオップサパロットって美味しいの?

本場のタイ料理で美味しかったのはどれ?

みーち

これらの疑問を解決します!

【この記事で分かること】
本場タイのカオオップサパロット

本場タイで食べたタイ料理

こんにちは!みーちです☆

昨年タイ・バンコクを旅行しました♪

海外旅行の楽しみの1つとして挙げられるのが、その国のグルメです。

日本とは一風変わった食事を楽しめるのも魅力です。

タイ料理で知る人ぞ知る、カオオップサパロットってどんな料理・・・?

という疑問をお持ちのみなさまのために、率直にタイ現地のカオオップサパロットを食べた感想を述べます!

スポンサーリンク

本場タイで食べたタイ料理

タイのカオサン通り
タイのカオサン通り

まずはタイ旅行で食べたタイ料理・タイグルメをご紹介します。

素直に美味しかったか、美味しくなかったか、感想も述べていきます。

ガパオライス

本場タイのガパオライス
本場タイのガパオライス

まず最初はタイ料理の大定番である「ガパオライス」!

この写真はバンコク・ドンムアン空港のフードコートで食べたガパオライスです。

【ガパオライスとは】
スパイスが効いた鶏挽き肉のホーリーバジル炒めとご飯、目玉焼きを盛り付けたワンプレートご飯です。

日本でもタイ料理店には必ずといっていいほどメニューにあるし、タイ料理の代表格として出されるのもこのガパオライスが多いですね。

日本では馴染みのあるガパオライスですが、タイではガパオライスと言いません。

タイ語のメニュー名のほとんどは、素材や調理法を表す単語の組み合わせでできています。

なので私が愛読しているタイまっぷるの本では、ガパオライスのことを「パット・ガパオ・ガイ・カイダーウ・ラート・カーオ」と表されていますよ。長い・・

ガパオライスを日本語で言うと「バジル炒めご飯」というそうですよ。

本場タイのガパオライス
本場タイのガパオライス

↑タイのカオサン通りで食べたガパオライス

タイ現地のガパオライスの感想
現地で2回ガパオライスを食べましたが、日本の味とほとんど変わりなくとても美味しかったです。
ただ結構辛いです。
バンコク・ドンムアン空港のガパオライスはかなり辛かった記憶が。
ただ私は辛いのが好きなのでバクバクいけましたよ♪

トム・ヤム・クン

本場タイのトム・ヤム・クン
本場タイのトム・ヤム・クン

続いては日本でも馴染みのある「トム・ヤム・クン」です!

この写真はセントラル・ワールドの中のレストランで食べたものです。

トム・ヤム・クンはフランスのブイヤベース、中国のフカヒレスープと並ぶ、世界三大スープのひとつとして知られていますね。

【トム・ヤム・クンとは】
レモングラスや唐辛子を加えて煮込んだエビ入りのスープ。「トム」は煮る、「ヤム」は和える、「クン」がエビの意味。ココナッツミルク入りのナムコン、牛乳入りのノムコンとココナッツミルクの入らないナムサイがあり、タイ人でも好みが分かれるとか。

本場タイのトム・ヤム・クン
本場タイのトム・ヤム・クン

ちなみに注文した際、てっきりライスがついてくるものだと思っていましたが、ライスは別注文でした。

スープだけ出てきてしまったので、後から別でライスを注文しましたよ(笑)

タイ現地のトム・ヤム・クンの感想
辛味・酸味・エビの風味がきちんと出ていてとても美味しかったです!トムヤムクンを日本でも食べたことがなかったですが、想像通りというか、日本人でも美味しく食べられる味でした。
ちなみに結構辛かったですが、辛旨でしたよ!

タイ麺「ラートナー・タレー」

本場タイのラートナー・タレー
本場タイのラートナー・タレー

こちらはバンコク・ドンムアン空港のフードコートで食べたタイ麺「ラートナー・タレー」です!

タイのソウルフードともいわれる麺料理「タイ麺」。

値段も安くてお手ごろ、バリエーションも豊富なのが特徴です。

【ラートナー・タレーとは】
「タレー」はシーフードという意味です。エビやイカなど魚介エキスのうまみたっぷりのスープです。

本場タイのラートナー・タレー
本場タイのラートナー・タレー

麺の見た目はこんな感じです。

透明っぽい麺なので、しらたきを思い出します。

タイ現地のラートナー・タレーの感想
シーフードが具だくさんで美味しいです!麺も結構ボリューミーで、日本人でも十分満足できる味です。

パッタイ

本場タイのパッタイ
本場タイのパッタイ

こちらの写真は、タイのセントラル・ワールドの中のレストランで食べた「パッタイ」です。

パッタイは日本語で例えると「タイ風焼きそば」ですね。ちなみに私は、現地で友人が注文するまで、パッタイの存在を知りませんでした。

【パッタイとは】
コシのある米麺を使った、甘辛い味の炒め麺。屋台でも高級レストランでも人気のメニューだとか。

タイ現地のパッタイの感想
麺がすごくモチモチしています。焼きそばの麺とは全然違い、うどんよりな・・寒天みたいな・・こんにゃくとまではいかないけど・・。とにかく私が思う麺とは違いました。卵とパッタイの味付けは良かったですが、個人的には△ですね。まずくはないです。

タイホテルの朝食バイキング

本場タイホテルの朝食バイキング
本場タイホテルの朝食バイキング
本場タイホテルの朝食バイキング
本場タイホテルの朝食バイキング

私が宿泊したタイ・バンコクにあるホテルの朝食バイキングの様子です。

どこの国でもありそうなメニュー内容ですし、ホテルなので他国の方にも食べやすいように工夫されてありました。

箸も用意されていましたよ!

4つ星のホテルだったので、宿泊したホテルで朝食バイキングのレベルは変わるかもしれませんね。

パンやサラダ、ハムやベーコンなど、どれも美味しかったです!

もちろんタイ料理かな?という見た目では分からない料理もいくつかありましたが、安心安全をとってよくあるメジャーなものしか食べませんでした・・(汗)

卵焼きとかは注文すれば目の前で出来立てを焼いてくれるシステムでしたが、英語を上手く話せなかったので、怖くて頼めませんでした・・トホホ。

タイ旅行などでホテルに宿泊する際、タイ・バンコクの4つ星ホテルでは、こういう朝食バイキングだということを参考にしてみてください。

本場タイのカオオップサパロットは美味しい?

本場タイのカオオップサパロット
本場タイのカオオップサパロット

今回のタイ旅行で一番衝撃的なタイ料理である「カオオップサパロット」!

この写真はカオサン通りの屋外レストランで食べたものです。

メニュー表を見て何を食べたらいいのか悩んでいたところ、今回旅のお供をしてくれているガイド付貸切チャーターのお兄さんガイドさんが、カオオップサパロットおすすめをしてくれました。

カオオップサパロットは、タイで人気のある料理だとか・・!

頼んでみたらビックリ!丸々大きなパイナップルに謎の綿がのっているご飯が登場!(笑)

本場タイのカオオップサパロット
本場タイのカオオップサパロット

カオオップサパロット
「カオオップサパロット」と言えば、ご飯を調味液と混ぜてパイナップルの果肉を入れ、電子レンジや炊飯器で「チーン」して作ったものを指すことが多い。

引用元:街かどタイ料理「これぞ南国!?パイナップルとご飯の料理『カオオップサパロット』」
https://www.xn--u8j0czi0dx881addsbq6a.com/article/405591956.html

一言で言うとパイナップルのチャーハンです!

本場タイのカオオップサパロット
本場タイのカオオップサパロット

ちなみに中身はこんな感じでご飯が入っています。

もちろんカットされたパイナップルも!気になる本場タイのカオオップサパロットのお味は・・

タイ現地のカオオップサパロットの感想
正直に言うと・・あまり好みではない味(汗)
カオオップサパロットは唯一美味しくなかったです。
とにかく甘いです。
中に入っている米はもちろん甘く、私にとって終始理解できない料理でした。
上にのっていた綿も甘いですが何なのか分からなかったです。
おすすめしてくれたガイドさん、ごめんなさい・・

まとめ

いかがでしたか?

タイ旅行で食べた本場タイの料理で、個人的に一番美味しかったのは、ガパオライスです。定番!

そして一番美味しくなかったと思うタイ料理はカオオップサパロット・・・。

とにかく衝撃的な見た目と、米の中にパイナップルが入っているという違和感、そして甘いご飯という点で、最下位です(汗)

カオオップサパロットは、レシピや作り方など検索すると出てくるので、日本風にアレンジしたら美味しいかもしれません。

余談ですがタイ現地で食べるものは基本的に甘いです!

ガイドさんによると、そのせいでタイ人には糖尿病の人が多いとか。

注意したいのが食べ物だけではなく、飲み物も甘いです!お茶もめちゃくちゃ甘いですよ!

私はビビリなのでタイ現地で販売されている日本のお茶(値段が高い)しか飲みませんでしたが、友人がタイのお茶を購入して、甘すぎて飲めないと言っていましたね。

はっきり言って日本人からするとタイのお茶は美味しくないです。

でもタイ料理は基本的に美味しかったです。

なぜか本場タイの料理は美味しくないという概念がありましたが、そんなことはなかったですね。

安心して食べてください!

ちなみにタイの屋台で販売されているものは、怖くて頼めませんでしたが・・・(汗)

今回のタイグルメの元となるタイ旅行の様子も別でまとめてあります☆参考に↓

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

グルメ

Posted by みーち