シミ取りレーザー【経過】治療後1週間~半年を全て公開!

2020年9月3日シミ,美容

スポンサーリンク

ちょうど1年前の冬、Qスイッチレーザーで顔のシミを多数(10個くらい)一気に除去しました!

ここでは治療後1週間・2週間・1ヶ月・3ヶ月・半年後の経過写真からシミ除去の料金や痛みについて、またテープ保護の方法や化粧はいつからできるのかという細かいところまで全てお教えします!

そしてシミ取りレーザーだと再発について気になる方もいると思います。私は一体どうだったのでしょうか・・?当日の様子から全て体験談として述べていきます!

ちなみに今は思い切って顔のシミを取って良かった~と心の底から思っていますよ!少しでもみなさんの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

Qスイッチレーザーでのシミ取りについて

私の場合、顔のシミの除去は声を大にして美容目的です。年齢に見合わず顔にシミが多くありました(たぶん年齢に見合わず)。小さい頃に紫外線を浴びすぎたのでしょうか?肌によくない生活をしていたせいでしょうか?大きいシミから小さいシミまでとにかく多かったです。

なので美肌になりたいがためにシミ除去で皮膚科に行くことを決意しました!これを世間一般では美容医療と言いますね。

私は美容医療の中でシミを取る方法の1つである、Qスイッチレーザーでのシミ治療に決めました。

【特徴】 Qスイッチアレキサンドライトレーザーは、シミやそばかす等のメラニン色素を含む組織だけに選択的に吸収されて、それらを熱破壊することで、老人性色素斑(いわゆるシミ)、雀卵斑(そばかす)、光線性花弁状色素斑などのシミをほぼ1回の照射で除去することが可能な、画期的なものです。

【注意点やリスク・副作用】 レーザーを当てることで一時的に、その部位に炎症後色素沈着という色素沈着が生じることがあります 。

【適応症状】 老人性色素斑(日光性色素斑)、雀卵斑(そばかす)、後天性真皮メラノサイトーシス

引用元:はなふさ皮膚科公式HP「シミ治療」

シミ取りレーザーを大まかに分けると、ピンポイントにシミ一つ一つに照射するQスイッチレーザーピコレーザーのスポット照射と、顔全体に素早く照射するフォトフェイシャルがありますね。

私は何かで、ピンポイントに照射する方が再発もなくて良いというのを聞いたので、 Qスイッチレーザーでの治療にしました!小さいシミの数が多かったので最初看護師さんにフォトフェイシャルもおすすめされましたが、ここはあらかじめ決めていたQスイッチレーザーを選択!

ちなみに私の顔にあったシミは、紫外線などによって出来る、老人性色素斑(日光性色素斑)です。医学的に言うと、多くの人に見られる一般的なシミは、老人性色素斑や日光性黒子らしいです。けれどもシミのように見えて脂漏性角化症という場合もあるので当日にきちんと見てもらいましょう。私の場合シミだと思っていた3つのものが脂漏性角化症でした。これらは日を改めて炭酸ガスレーザーで除去しましたよ。

シミの種類にもよりますが、最も一般的なシミである老人性色素斑は別名、老人性色素斑とも良い、紫外線による影響が強いです。紫外線により角化細胞のDNAにダメージが蓄積し、異常化することで発症します。
その他、遺伝的な要因の強い雀卵斑、女性ホルモンによる影響が強い肝斑などがあります。

引用元:はなふさ皮膚科公式HP「シミ治療」

Qスイッチレーザーでのシミ取りは、一回のレーザー照射のみで治療を終えました。予約をして皮膚科に出向いたその日にシミ除去です!照射した傷口はかさぶたになるので、後は自宅で経過観察をします。

美容外科や皮膚科でのシミ除去は、基本あらかじめ予約が必要です。

特にシミ除去をしたい人が増える冬場は、早めの予約をおすすめしますね。私も1ヶ月後の予約がやっと取れたくらいです。

あとシミ取りの注意点としては、一時的にレーザー照射した部分に炎症後色素沈着という色素沈着が生じることがあるそうです。 炎症後色素沈着は数ヶ月~半年で時間をかけて消えていく場合もあるとか。ちなみに私は炎症後色素沈着は起こりませんでした。
※人によっては長期的に残る場合もあるそうです。

ちなみに唇にもシミがあり除去したかったのですが、唇の上には塗り麻酔が濡れないとのことなので、一旦唇はあきらめました。麻酔なしならOKとのことですが、勇気が無く・・断念(汗)

唇にもシミは出来ます!普段からリップクリームはUVカット対応の日焼け止め機能があるやつを常につけたほうが良いですよ!冬でも屋内でも。

他にもシミと似たようなものに、脂漏性角化症(老人性いぼ)、雀卵斑(そばかす)、肝斑(かんぱん)、炎症後色素沈着、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)などがあります。

自分の顔にあるものの区別がつかなくとも、皮膚科だとお医者さんが一度チェックをするので大丈夫です。腕のあるお医者さんならそのシミにあった的確な治療を選択してくれますよ!

料金と痛みについて

Qスイッチレーザー治療の料金

Qスイッチレーザーだと、シミの直径を図り、全てのシミを合計した長さで料金を決める場合がほとんどです。

ex) 料金が1cm1万円の場合
・1個5mmのシミを1つ除去で1万円。
・1個5mmのシミを2つ除去で1万円。
・1個5mmのシミを3つ除去で2万円。

直径2cmのシミの場合は、2万円になります。

結構ギリギリまできっちり計測するので、無駄がないようにぴったりと1cmをmmで使い切るのがいいですよ!※値段設定は病院や店舗によって異なります。事前に値段の説明がありますが、確認してくださいね。

一応、照射前に看護師さんが計測して料金がいくらかかるか教えてくれました♪

こう見るとシミを1つ除去するのって、そんなに高い値段を払わなくても済みますね。より多くの人がシミ取りレーザーに壁を感じることなく治療できて美肌を目指すことになれればいいです♪

・シミ取りレーザーの痛み

Qスイッチレーザーを照射する部分は全て塗り麻酔をしてもらいました。

部分的に唇の近くや目の近くは、塗り麻酔が出来ないみたいです。なので、唇の少し上にあるシミについては麻酔なしで照射してもらいました!

実際にレーザーを当てられた感覚はというと、照射するときは、よく言われる輪ゴムでパチンと弾く感覚です。1つのシミに対しての滞在時間はすごく短く一瞬です。なのでテンポよくどんどん他のシミにもレーザーをパチンパチンと当てていきます。

そのあとすぐ、焦げた匂いがしてきます。このときに焼かれているなと感じます。

麻酔を塗っているので激痛ではないですが、さすがに直後はズキンズキンとしましたねぇ~。

それでもその痛みは、すぐに気にならなくなります。本当に一瞬のことです。シミをレーザーで当てる時間が一瞬だったのであれよこれよと看護師さんに軟膏とテープを貼ってもらって退出します(笑)

ちなみに痛みを10段階で例えると、治療直後は5~6くらい。大丈夫です、麻酔も塗っているので全然耐えられる痛さです。

全く麻酔をしていない唇の少し上のシミは、ズキンズキンと痛みが他のシミに比べてあったかも・・(特に直後は)。でもこれもかなり余裕で耐えられます♪

顔に照射するシミは10個ほどありましたが、10分も経たないうちに終了しました。Qスイッチレーザーでのシミ取りは本当に素早いです(笑)

シミ取りレーザー当日【テープの期間はいつまで?】

シミ取りレーザー治療を行ってから約1年が経過したので、その総集編です。全て体験談です☆私は皮膚科でシミを取ってもらったのでそこでの内容になります。取る場所で指示が変わってくると思うので参考程度に見てみて下さい。

これからシミ除去を予定している人は、テープの期間についてやダウンタイムの内容も参考にしてみてください。

今回は目の周りのシミ中心で経過を写真で追っていきます☆(目の周り以外にも鼻筋や唇の少し上のシミも同時に取っています)

当日のシミ除去前は、顔に何も塗らないで行きます。もし日焼け止めを塗っていたり化粧をしていたら、病院で化粧落とし・洗顔をするように言われます。

何も塗っていなくても清潔にするために洗顔はその場でするよう言われるかもしれません。なのでヘアゴムを持っていると髪の毛が濡れずに済みます。

シミ取りレーザー当日は、看護師さんにどのシミを取りたいかという説明と、実際にお医者さんにシミかどうか見てもらいます(診察)。料金の説明や麻酔を塗る作業は基本的に全て看護師さんがしてくれました。

・シミ除去前のシミの大きさ

シミ除去前

正面から見て右側のシミ↑

大きいシミがが目の横に2つと、目の下にも1つありますね。これらはいつもコンシーラーで頑張って隠していました(隠しきれてませんでしたが)。

シミ除去前

正面から見て左側のシミ↑

とにかく顔全体に小さなシミの数も多かったので、どのシミを除去してほしいと頼んだのか忘れていましました(汗)でもいくつか指定した気がします。
※Qスイッチレーザーだと1mm単位の小さいシミでも指定します。

では早速シミ取りレーザー後の直後の様子です!

・シミ除去後

シミ除去後のテープの様子

正面から見て右側のシミ↑

シミ除去後のテープの様子

正面から見て左側のシミ↑

まずレーザーをした後、すぐに看護師さんがお薬(軟膏)を塗って、患部にテープを貼ってくれます。

シミ取りレーザーの治療後は、テープの期間を一週間行います。

テープの期間である1~7日間は、なるべく貼りっぱなしが基本です。下のかさぶたが完全に取れるまでテープ保護をします。なので1週間たったらテープ保護が終わりというわけではありません!

朝の洗顔もお風呂もテープは剥がれないように、テープの上から洗います。(※テープの上から洗顔、お化粧はできます。)

このときレーザーを当てたところはデリケートになっていますので絶対にテープを乱暴に剥がしたり、擦ったりしないように。

もしテープが剥がれてしまったら、シャワーを当てながらゆっくりテープを剥がし、優しく洗う。タオルドライ後、頂いたお薬を塗りテープを貼る。(テープと薬は病院で処方してくれます)

シミ取りレーザーの治療後一週間はテープを貼りっぱなしなので、楽と言えば楽ですよ!

テープも肌と馴染んでいる色なので、この状態でマスクをして職場に行っていましたが、特に気付かれませんでした(笑)

【かさぶたの様子】
レーザー後1~7日目(1週間)はずっとテープ保護なので、傷口であるかさぶたの様子は見れません。慌てずゆっくりテープの下でかさぶたを保護しましょう。

ちなみにテープの上からなら直後でもお化粧はできますよ!

私の場合、1週間後の診察のときまでなるべくテープはつけたままで来てくださいと言われました。皮膚科だとその後の診察でも様子をきちんと見てくれるので安心ですね。

シミ取りレーザー後1週間の経過・2週間の経過

1週間後の経過

シミ取りレーザー【1週間後の経過】

正面から見て右側のシミ↑

シミ取りレーザーから1週間後の経過ですが、かさぶたまだ残っていますね。かさぶたが完全に剥がれていないので、またこの後に薬を塗ってテープ保護です。

黒っぽいかさぶたが完全に取れるまでは、2週目もテープ保護を続けます。このときも、なるべくテープは貼りっぱなしが基本です。

2週目でテープが剥がれ始めてきます。それと一緒にテープにくっついてかさぶたも剥がれます。

剥がれていないテープとかさぶたは、焦らず完全に剥がれるまでテープ保護をしましょう。 様子を見守るのみです。

私の場合、1週間の経過ではテープが全て剥がれていなかったので、剥がれていない箇所は貼りっぱなしにしました。

気になって8日目ちょこっとめくったところ、完全にかさぶたが剥がれていませんでした。なので2週目もテープ保護を続けます。

※かさぶたを早く剥がしたいがために、やたらむやみにテープを剥がしたりしないようにしましょう。
ここら辺(2週目以降)はテープに慣れてきて、チラチラめくる行為をする可能性が高い期間です(笑)

1週間ではシミ取りの効果はまだまだ現れません。焦らずに経過観察が大事です。

2週間後の経過

シミ取りレーザー【2週間後の経過】

正面から見て右側のシミ↑

シミ取りレーザーから2週間が経過しました!

私の場合、2週間でほとんどのかさぶたがテープと一緒にキレイに剥がれました!

ただ若干目の下のシミが薄く残っています。元のシミよりは薄いですが、これは何なんでしょうか・・(笑)

※同時にほくろ除去も行っていたため、目の下のほくろが赤いのは気にせずに(笑)

シミ取りレーザー【2週間後の経過】

正面から見て左側のシミ↑

左側はちょこっと目立っていた茶色いシミが無くなっていますね!

なんとなくまばらにシミがまだ残っていますが、これから消えていくシミなのか、レーザーをかけていないシミなのかは不明です(笑)・・要観察を続けます。

この経過から見ると、シミはレーザーだと最短二週間でキレイに除去できたことになります。もちろん個人差もあるでしょうしシミの大きさで経過は変わります。

レーザー治療の予約を取ったり、テープの期間やかさぶたがあるうちは外出をして日焼けができないことを考えると、事前に余裕を持ってシミ除去をすることをおすすめします!

ちなみに、かさぶたが剥がれた箇所は、肌に直接お化粧できます。その際の注意点として、優しく擦らず丁寧にが基本ですよ!私の場合2週間の経過でテープの期間・テープ保護を終了します♪

テープ保護が終了したら、幹部を日焼けしないように何が何でも紫外線は阻止しましょう

幹部を紫外線に当てないようにとの指示は病院側からもあります。

おすすめは敏感肌の人でも使用できるUVカット機能付きの日焼け止め乳液・日焼け止め化粧下地の効果を持つラロッシュポゼの日焼け止めです。

紫外線は冬でも家の中にいても窓から降り注いでいます。なので紫外線対策は毎日必要です!

ラロッシュポゼの日焼け止め乳液は家の中で過ごすときにも使用できるし、化粧下地としての塗り心地も抜群です。肌色のトーンアップ効果があるものもあります。実際に塗ってみるとかなり色白に近づきます。

敏感肌の私にも使える優れものです!愛用しています♪

おすすめのラロッシュポゼはamazonでも購入できます。詳細はクリック↓

楽天市場で購入する方はこちらから↓


シミ取りレーザー後1ヶ月の経過・3ヶ月の経過・半年の経過

・1ヶ月後の経過

正面から見て右側のシミ↑

シミ取りレーザー1ヶ月後の経過写真です。

もはや目の横である右側の赤枠に関しては、シミがあった気配が全くなく、どこを囲っているかは当てずっぽです(笑)生まれたてのキレイな肌状態です!

あんなにデカデカと存在していたシミが無い・・!コンシーラーで頑張って隠していた箇所なので嬉しいですね。

目の真下にあるシミはまだ存在していますね。

正面から見て左側のシミ↑

こちらも面影が消えつつある左側です。

何だかシミが全体的に薄くなっている気がしますね!?もはやどこにどう照射したのか分かりません!

ただ言えるのは、かさぶたになったシミが取れた後の肌は、とてもキレイ♪

シミを取って1ヶ月でこんなに素晴らしい効果を得られます♪

一ヶ月も経過すると、シミを取ったことでの不便は何1つ感じなくなります。しいて言うのなら、紫外線対策を徹底的にしていたので、対策疲れはしますね。日傘・帽子。日焼け止めなど。洗濯物を干すときは麦わら帽子を被っていました(笑)

3ヶ月後の経過

正面から見て右側のシミ↑

シミを取ってから3ヶ月経過したときです。シミの再発もなく、キレイな状態を保っています。

目の下の疑惑のシミですが、少し薄くなってきましたね!

ちなみに目の下のシミに関しては、当初皮膚科の先生に確認したところ、レーザーを当てているので薄くなっていくはずです、とおっしゃっていました。

なのでまだまだ経過観察です♪

左側に関しては良いお写真がなく、無しです。すみません(泣)

半年後(6ヶ月)の経過

正面から見て右側のシミ↑

正面から見て左側のシミ↑

シミ取りレーザーを行ってから半年後(6ヶ月)の経過です。なんとシミの再発ゼロです!レーザー後はとってもキレイな肌の状態を保っています。

疑惑の目の下のシミもほぼ分からないくらい薄くなっています!もちろんどの写真もドスッピンですよ!!

Qスイッチレーザーだと、気になるシミにピンポイントに照射するので、再発の心配がなく確実性がある気がしますね♪

私の場合、かさぶたが剥がれてから特に再発などの変化はありませんでした。現在、このシミ取りをしてから約1年が経過していますが、変わらずとってもキレイな肌です!!

治療から、最短2週間でシミがあった箇所のかさぶたが取れたので、シミ取りレーザー治療は即効性がありました♪

もっと早くからレーザー治療をしていればよかったなぁと思う次第です。

化粧について!いつから出来る?

では、ここからシミ取りレーザー後のお化粧について、いつからしていいのか、すぐにお化粧OKなのか、傷口は避けるべきなのか! などなど、詳しくご説明します♪
※シミ取りレーザーを受けた病院での、ダウンタイムについての説明を元に記載しています。
化粧は化粧水や乳液などの化粧品も含みます。

まず、レーザー直後から一週間は、レーザーを当てた傷口にはお化粧できません。

なぜかというと、テープ保護をしています。

皮膚が紫外線に当たったり、こすらないよう守っています。

テープは一週間貼りっぱなしが基本ですが、テープをした上からお化粧はしても大丈夫です。

そしてレーザーを当てていない箇所は、治療直後からお化粧していただいても大丈夫とのこと!

なのでレーザー後、テープをした上からなら、治療直後のお化粧もOK!

テープをしたまま洗顔などもするので、テープは貼りっぱなしで通常通り、一週間は皮膚のように扱う形になります。

私の場合、テープは薄茶色で皮膚の色とよく馴染んだので、テープの上から化粧をしなくても、テープを貼っていることを気づかれなかったですよ!

なのでテープの上から日焼け止めだけ塗って、お化粧はせずに過ごせました。

よくある悩みについて↓↓

Q.照射した後にテープや絆創膏は絶対しなくてはいけないの?

レーザー照射した皮膚を保護するために、1週間ほどテープや絆創膏保護をお願いしていますが、もしどうしても絆創膏をつけられない場合は、優しく軟膏と日焼け止めをつけてファンデーションでカバーしていただいてもいいと考えています。

引用元:はなふさ皮膚科公式HP「シミ治療」

2週目以降はテープがほぼ剥がれていて、かさぶたがキレイに剥がれている箇所が出てきます。
※テープはだいたい1週間もすると、何らかの形で勝手に剥がれます。そのときにかさぶたの状態をチェックするか、お医者さんが経過観察で確認してくれます

そのテープ保護が終わって、かさぶたが剥がれた部分に関しては、優しくお化粧をし出しました。

なので、かさぶたが剥がれた箇所に関しては、直接お化粧はしてもOKです!(ただし優しく、化粧品はしみるものは止めましょう)

そしてこのとき、紫外線を浴びないためにも、日焼け止めなどは必須です。

レーザー治療後、特に1ヶ月は紫外線に対して注意が必要で(炎症後色素沈着の原因になるから)、私は家の中にいても日焼け止め乳液を塗っていましたよ。

洗濯物を干すときは帽子も被り完全防備。外に出るときは日傘必須。

まだ寒い時期に日傘を差すのは、たぶん美意識めちゃくちゃ高い人みたいになっていましたが、このときは我が道を進んでいました(笑)

そして、その後1ヶ月経過後はかさぶたも全てキレイに取れていたので、肌に優しい化粧品を使用しての通常通りの化粧に戻りましたよ!

敏感肌の人でも使用できるUVカット機能付きの日焼け止め乳液・日焼け止め化粧下地の効果を持つラロッシュポゼの日焼け止めはamazonで購入できます。おすすめです☆詳細はクリック↓

最後に

今回の経過は、老人性色素班(シミ)のレーザー治療の経過です。

保険外治療で皮膚科を利用しました。

シミ取りレーザー後の肌は、より敏感です!

いつものスキンケアをより優しく丁寧に、そして日焼けしないように徹底することが望まれます。

そもそものシミを作らないためにも、シミ取りレーザーした後も、日焼け止めは必須です。(医者にも言われます。)

日焼け止めを塗っている肌と、そうではない肌ではリスクが全然違います。 家にいるときでも窓から紫外線に当たります。常に日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。 冬でも紫外線は降り注ぎ、日焼けします!油断大敵ですよ。

日焼け止めは常に備えておいてくださいね。

レーザーをする勇気がない・心配・時間がないという方! ハイドロキノン成分入りにスキンケアをおすすめします。

ハイドロキノンクリームは皮膚科などで多く処方されていますね。「しみ」の治療に有効的だといわれています。

私もレーザーかハイドロキノンクリームでの治療かすごく迷いました。即効性が欲しかったのでレーザー治療にしましたが。 スキンケア化粧品を選ぶ上で一つの指標にしてみることをおすすめします。

ハイドロキノン配合の売れ筋商品!詳細はクリック☆↓


厚手のファンデーションやコンシーラーいらずの肌を目指しましょう♪是非この機会にお手に取ってみてくださいね♪

みんなで美しい肌を目指しましょう♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク