スキンケアは何をすればいい?朝と夜の毎日のケアが大切って本当?

スキンケア,美容

スポンサーリンク

美しい肌を作るためには欠かせない「スキンケア」ですが、やり方が分からなくて今更人に聞けない・・何をやればいいのか分からない・・みんな何をしてるのか分からない!という方は一定数いると思います。

そんな美肌作りの基本が知りたい方のために!

自宅でできるスキンケアのやり方をまとめてみました。

必要最低限の美肌ケアを知っていれば、自宅にいてもキレイな肌を目指せます。お金をかけなくても大丈夫です。大事なのは朝と夜に毎日コツコツ肌の手入れをすること。

スキンケアの方法は現在では把握しきれないほどのやり方があります。しかも人間の肌も千差万別なのでどのケアがいいのかは一概に言えないところが本音です。

なので今回はマニアックなスキンケアではなく、一般的に言われているスキンケアの方法についてまとめました。ちなみに私は今回お教えするスキンケアの方法で毎日の美肌ケアをしています。個人的にはそんなにお金もかかっていない&肌荒れもない&今の肌状態がベストなのでおすすめできます。

しかも私は敏感肌ですが、その敏感肌な私でも取り入れられているスキンケア方法です。1つの参考にしてみてください。

美肌の基本を知って、毎日の生活の中に取り入れましょう!

スポンサーリンク

肌に良いこと・悪いこと

まずは、スキンケアのやり方を知る前に「肌」について知っておきましょう。

肌のターンオーバーについて

美肌づくりには欠かせないこと、それは肌の「ターンオーバー」です。仕組みを理解して、美肌の基礎を学びましょう。

【肌のターンオーバーの仕組み】
表皮の一番下の基底層で生まれた細胞は変化と成長を続け、下からどんどん肌の表面へと押し上げられます。
そして、表皮で肌のバリアとして最後の役割を果たした細胞は垢となってはがれ落ちていきます。

理想的な肌のターンオーバーは約28日間で行われ、このリズムは年齢や肌表面のコンディション、食生活、睡眠、ストレスなど、様々な要素に影響されます。
このリズムが乱れると、肌の表面が古い細胞や不完全な細胞によって覆われて肌荒れの原因となります。

美しい素肌を作るためには、正常なターンオーバーにより肌が健康な細胞によって作られなくてはなりません。
そのためには規則正しい生活、バランスの取れた食生活、そして日々のスキンケア(ホームケア)が大切です。

引用元:e.b.c.c.パートナーブック

また22時~2時の間は成長ホルモンの分泌が活発になり、ターンオーバーも盛んになります。この時間は「お肌のゴールデンタイム」とも言われていますね。

この時間に寝ることで肌にいいことをしています。寝るだけで美肌への近道になるなんて低コストもいいところです!お肌のゴールデンタイムを意識して、質の高い睡眠を取り入れることを心がけたいですね。

スキンケアで肌の表面だけに気を遣っても、食生活・睡眠・ストレス・年齢も肌に影響を及ぼします。大事なことなので覚えておきましょう。

肌に良いこと・悪いこと

肌に良いことと悪いことの区別って、みなさんはご存知でしょうか?まだ若い方・美容に興味を持ちだしたばかりの方などは知らないという方もいるでしょう。そのせいで無意識に肌に悪いことをしていたり・・!

何が肌に悪影響を与えるのか知ることで、一歩前進します。

すこやかな肌を保つために意識すること

うるおい(良質や睡眠や栄養バランスの取れた食事などで、よりよく保つことができます。)
睡眠(良質な睡眠は健康と美に必要不可欠。肌のゴールデンタイムを意識しましょう。)
栄養(ビタミン類やミネラル、酵素、たんぱく質など、バランスのいい食事が大切です。)

肌にとって悪いこと

紫外線(日焼けをすることが多いと、肌の乾燥・シワ・シミなどの肌の老化に繋がります。)
肌摩擦(肌を必要以上にこするとシミやシワ・たるみ・肌荒れなどの原因になると言われています。)
汚れの取り残し(メイク落としや洗顔で汚れがきれいに取りきれていないと、ニキビ・吹き出物などの一因になります。また肌の老化が早まる原因にも。)
血行不良(血行が悪くなると肌の血色がなくなり、栄養分も不足するためカサつきなどの原因になると言われています。)

上記の「すこやかな肌を保つために意識すること」「肌にとって悪いこと」は、世界一ためになる!美容成分図鑑から一部引用&参考にしています。

すこやかな肌を保つために意識すること肌にとって悪いことを知るだけでスキンケアの方法も変わってきます。肌に悪いことをしていると認識があるのならすぐに改めたいですね。

ここから一般的に言われているスキンケアのやり方を理解し、自分に合ったスキンケアの方法を確立していきましょう。

朝と夜のスキンケアについて

メイクや不要な汚れによる肌のくすみなどをスッキリと洗い落とし、美肌をキープするスキンケア。

健康で美しい肌を保つために、朝・夜のスキンケアは重要です。

しかし、近年では多種多様のスキンケアアイテムが存在していて、何を使用したらいいのか分からない!という方もいるはず。

化粧水・乳液・美容液・パック・・・手順も分からない!という人は、是非このスキンケアのやり方を参考にしてみてください♪

特別お高い化粧品などは必要ありません。毎日行うことだけに、自分で行っている自宅のスキンケアが正しいものかも見直しましょう。一般的に言われていて、かつ私も日々の生活に取り入れているスキンケアの方法をご紹介します♪※肌質は人それぞれなので、スキンケアに正解はありません。

朝のスキンケア

洗顔(しっかり泡立て優しく洗う。洗顔ネットを使用するとよく泡立ちます。)

化粧水( 化粧水で肌を整え角質ケアをします。ポイントはたっぷり使用すること。)

乳液(馴染ませた化粧水が蒸発しないようにフタをします。また保湿の役割もあります。日焼け止めを塗らない場合は、UVカット効果があるものを使用するのがおすすめ。)

家にいるときでも窓の日差しから紫外線は降り注いでいます。必要ならばUVカット乳液・日焼け止めを使用し、年中紫外線対策を行うのが好ましいです。

また気合いを入れたい日や、化粧ノリを良くしたい日は、朝から化粧水の後にフェイスマスクをするとお肌がぷるぷるになりますよ!

夜のスキンケア

クレンジング(化粧をした日は必須。丁寧にしっかりとが基本。)

洗顔(朝同様、しっかり泡立て優しく洗う。洗顔ネットを使用する。)

化粧水(化粧水は惜しみなくたっぷりと使う。化粧水の前後に美容液を取り入れるのもありです♪)

パック)(フェイスパックで週に一度はしっかりと保湿&肌の調子を整えるとグット!パックにより、使用のタイミングは異なります。

乳液orクリーム(浸透したお肌の水分を寝ている間に逃さないために、乳液やクリームでしっかり脂分を補給。 保湿をする。)

おまけ(美容液)肌の状態によってはスペシャルケアで美容液も。美容液は商品により、乳液の前か後で異なるので、使用方法を確認しましょう。

【重要】洗顔で皮脂汚れをしっかり除去しないと毛穴が広がります。たっぷりの泡で肌を優しく撫でる必要があります。泡立てネットを活用しましょう。

お肌のタイプや肌の状態は人によって様々なので化粧品選びはとっても大切です。ニキビが急に増えてしまったり肌荒れを起こしたら、化粧品を見直してみる必要も出てきます。

自宅でできるお肌のスキンケア商品は、お値段が高いほど効果を発揮するとは限りません。コスパの高い化粧品やプチプラ化粧品は存在します

まずは値段に惑わされず、一回一回のケアを丁寧にしっかりやることを忘れないでくださいね♪

【+スキンケア】日焼け対策・サプリメント・パック

ここでは年齢に負けない若々しい肌を保つための自宅でできるプラスのスキンケアをご紹介します。

守りのスキンケア】
・紫外線カット
老化の原因である紫外線対策として毎日のUVクリームの使用を心がけましょう。自宅でも窓の近くなどでは紫外線が降り注いでいると言われています。
・乾燥対策
毎日のスキンケアでたっぷりとうるおいを補給し、仕上げには肌のバリア機能の要であるセラミドを。

攻めのスキンケア】
フェイスマスク
目的別に様々な種類があるマスク。水分を補給し有効成分を浸透させるものや、古くなった角質や毛穴の汚れを取り除き、ターンオーバーを促進するものも。
いつものスキンケアに+αとして使用もおすすめです。
サプリメント
自分の肌の状態に合わせたサプリメントを摂取するのもおすすめです。摂取量を守り、上手に活用しましょう。
アイケア
見た目の印象、メイクの重要なポイントとなる目元。アイケアアイテムを取り入れてハリのある目元を保ちましょう。

参考・引用元:エステでもらえるe.b.c.c.パートナーブック

肌は表面のケアも大切ですが、体の中から気を遣うことも大切です。

バランスの良い食事はもちろん大切ですが、次の食品を取り入れて美肌づくりも意識しましょう。ここでは美肌には欠かせないビタミンタンパク質についてご説明します。

まず「ビタミン」は肌に良い効果尽くしです。ビタミンも種類が多くあるのでよく聞くビタミンの効果を知りましょう。

ビタミンA
肌にうるおいを与えます。肌の乾燥・シミやシワ予防に効果的。
【主な食べ物】レバー・海苔・にんじん・かぼちゃ・トマトなど

ビタミンB
過剰な皮脂の分泌を抑えてくれるので、オイリー肌やニキビ対策に。
【主な食べ物】アーモンド・玄米・納豆・レバー・チーズ・うなぎ・バナナなど

・ビタミンC
抗酸化作用があり、メラニン色素の沈着を抑え、シミを防ぐ。また、コラーゲンの生成も促進し、肌のハリを保ちます。
【主な食べ物】イチゴ・キウイ・ブロッコリー・ピーマン・海苔・イモ類など

・ビタミンE
抗酸化作用により肌老化を予防し、肌のターンオーバーを促進。
【主な食べ物】アーモンド・すじこ・牛乳・ほうれん草など

・コラーゲン
肌を支えるコラーゲン。肌のハリをアップさせます。
【主な食べ物】鶏の手羽先・スペアリブ・鮭・うなぎ・豚足・鳥の皮など

忙しい現代、これらの食品が毎日摂取できる訳ではありませんよね。

そんなときは、前でも述べましたがこれらの成分を含んだサプリメントの摂取も方法の一つです。ビタミンCとビタミンEをサプリメントにより日々補っている女性も多いです!

サプリメントは気軽にどこでも摂取できますが、やはり食事から摂取するのが一番健康的です!

また以外と知られていない美肌を作る身近な食べ物として・・。

たんぱく質があります。

筋肉や肌を作る基本となるのがたんぱく質。

体内のあらゆる細胞を作るため、美肌をキープするための、とても大切な栄養素です。

「普段目にしている肌は“表皮”で、その下には、新たな皮膚になる“真皮”があります。健康的で潤いのある肌を実現するには、タンパク質を十分に摂って、ターンオーバーという作用で表面に出てくる真皮をいかに成長させるかが大切です」

引用元:アサジョ公式HP「 美肌になりたいなら、やっぱり「タンパク質」が必要 」

健康的な肌や爪、髪や内臓のためにも、欠かせない栄養素であるのがたんぱく質です。

最近ではたんぱく質を手軽に摂取できる「プロテイン」も人気ですね!

筋肉をつけるためではなく、美容のためにプロテインを摂取している女性も多いほど。一躍ニュースなどでも、話題になりましたね。たんぱく質を摂取することで身体の中からキレイになりましょう♪

高評価☆人気のプロテインはこちら!詳細はクリック↓


【最後に美肌の基本!毎日の洗顔が大切

スキンケアの基本中の基本、それは「洗顔」です!

洗顔をする目的と理由、それは肌の上で不要になった皮脂と汗を落とすためです。

この皮脂が紫外線を浴びるとシミの原因になったり、鼻や小鼻に見られるような毛穴の原因になります。

また洗顔がしっかりされていない肌は、どれだけ良い美容成分を与えようとも、肌への浸透が低いです。毎日行うものだからこそ、しっかりとした洗顔をしたいですね。

そこでおすすめの洗顔料は、固形の洗顔石鹸です!

固形の洗顔石けんの方が、汚れをしっかり落とすことができて、かつ、肌にやさしいと言われています!!

たくさんの洗顔を使用してきて、やっとたどり着いたのが固形の洗顔石鹸という女性の意見も。固形の「こ」の字も頭になかったので、美容に関しては日々アップデートが必要ですね!
しかも固形の洗顔石けんは低コストで購入できるのもおすすめのポイントです♪

固形の洗顔石鹸でおすすめなのが、「毛穴撫子の重層つるつる石鹸」!

とってもリーズナブルな値段なのに、毛穴撫子の毛穴への効果を十分に発揮します。口コミもいいです!

この機会に是非、洗顔を見直してみてくださいね♪

いかがでしたか?

世の中には様々な美肌ケアがあるように、自宅で出来るスキンケア方法もたくさん存在しています。美顔器を使ったり、高級な美容液を使ったり・・

でも低コストでも基本をしっかりと掴んでいれば美肌ケアは十分に可能です。

スキンケアに正解がない分、基本をしっかりとマスターすることが、まずは大切ですね。

ここまで紹介したのは、一つのスキンケア方法です。

世の中には、朝起きてから洗顔をしないで、美肌を保っているという人もいますので、自分独自のスキンケア方法を見つける上での参考にしてみてください♪

この記事では、「e.b.c.c.(イービーシーシー)」のエステサロンで頂いたパートナーブックを参考にしている情報が多数あります。
「e.b.c.c.(イービーシーシー)」のエステサロンも非常に良かったのでおすすめさせていただきます♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

スキンケア,美容美肌

Posted by みーち