お好み焼き ホットプレート【レシピ】6枚分の材料を知って黄金比率!

2020年9月14日レシピ

スポンサーリンク

ホットプレートでお好み焼きをたくさん食べたい!けれども枚数が増えると材料も変わってきて、本来のおいしいお好み焼きとは遠ざかるケースもあります。

そこで今回はお好み焼きホットプレートのレシピ・作り方をお教えします。しかしよくある人数でのレシピではなく、とにかくお好み焼き6枚分を作りたいという方のために、1回で6枚分のお好み焼きが作れる材料限定でお教えします。

この材料比は個人的にお好み焼き6枚分を作るにはベストでした。しかももっちりボリューミーで層もぶ厚い!この材料比だと最高においしい出来上がりになります。

お好み焼きのレシピでよくある2枚分の材料を見て、見事に全て3倍にして6枚分作っても失敗します。まぁ味はそこそこですがべちゃ~と広がり厚みがなくなってしまいます。せっかくのお好み焼きが少し思ってたのと違う!?とならないようにしたいですね。

早速ホットプレートで作るお好み焼き6枚分のレシピ・材料をお教えします!

がっつり6枚分!ホットプレートで作るお好み焼きのレシピ

ホットプレートで作るお好み焼き
材料(6枚分)

・豚バラ薄切り肉・・・・・・300g
・キャベツ・・・・・・・・・600g
・紅しょうが・・・・・・・・50g
・やまといも・・・・・・・・200g
・小麦粉・・・・・・・・・・240g
・卵・・・・・・・・・・・・4個
・サラダ油・・・・・・・・・大さじ2

A-水・・・・・・・・・・・1と1/2カップ
 -塩・・・・・・・・・・・小さじ1と1/2

Bー揚げ玉・・・・・・・・・大さじ6
 -削り節・・・・・・・・・10g

(仕上げのトッピング)
・お好みソース・・・・・・・適量
・マヨネーズ・・・・・・・・適量
・青のり・・・・・・・・・・適量
・削り節・・・・・・・・・・適量

【追加】あると便利・・みじん切り器(フードチョッパー)。何に使うのかどんなものかは写真でお見せしていきます!

今回お教えするもっちりボリューミーなお好み焼きの作り方を簡単にまとめてみました。写真での解説・作り方もその下に公開しています!

お好み焼きの作り方

①キャベツは軽く洗って粗めのみじん切りにする。このときにみじん切り器(フードチョッパー)を使用すると便利。ここで紅しょうがも粗めのみじん切りにしておきましょう。

②豚バラ薄切り肉を8cmくらいの大きさに切る。

③別のボウルに小麦粉とA(水・塩)を入れて混ぜます。その後擦ったやまといもを加えとろりとするまでよくまぜ合わせる。

④別のボウルにみじん切りにしたキャベツに、みじん切りにした紅しょうがとB(揚げ玉・削り節)を入れて混ぜます。

⑤卵を割り入れ、よく混ぜ合わせた③を入れます。

⑥【ふっくら焼きあげるためのポイント】底からすくうように混ぜるのが基本ですが、10回~15回くらい混ぜたら終了です。空気を含ませることをイメージして混ぜ過ぎないようにしましょう。

⑦ホットプレートに油をキッチンペーパーで引き、予熱しておきます。

⑧生地を広げて入れ、2個分を作ります。だいたいおたま3杯分くらいで1つのお好み焼きができます。そしてその上に切った豚肉3枚をのせます。4~5分焼きましょう。

⑨4~5分焼き、焼き色がついたらヘラでひっくり返し、また4~5分焼きます。そしてもう一度ひっくり返して1分焼きます。

⑩ホットプレートの上でお好みソース・マヨネーズ・青のり・かつお節をかけて完成!

項目ずつ作り方を見ていきましょう↓

①キャベツは軽く洗って粗めのみじん切りにする。このときにみじん切り器(フードチョッパー)を使用すると便利。ここで紅しょうがも粗めのみじん切りにしておきましょう。

お好み焼きで使うキャベツの量

キャベツ600gは相当な量です。ボウルにのせると高い塔が出来上がります。お好み焼きのほとんどはキャベツなので健康的ですね。葉を軽く洗った後にみじん切りしましょう。

みじん切りフードチョッパー

↑みじん切りフードチョッパーであっという間にみじん切りができます。粗めのみじん切りがいい場合はヒモを引く回数を減らすだけです。後はその都度、中の切れ具合の様子を見てストップします。

まな板の上も散らからないし、何よりみじん切りという面倒な作業が本当に楽になります。一瞬でみじん切りが出来ています。コスパも最高なので、みじん切り器は1つ持っておくといいですよ!

amazonでみじん切りフードチョッパーの詳細を見る方はこちら☆↓

キャベツの粗めのみじん切り

↑キャベツ600gは量が多いので何回かに分けてフードチョッパーでみじん切りをします。そうするとあっという間にみじん切り終了です!

②豚バラ薄切り肉を8cmくらいの大きさに切る。

豚バラ薄切り肉

私は大きい肉で食べるのが好きなので8cmにしていますが、ここは5cmくらいの大きさでもOKです。

③別のボウルに小麦粉とA(水・塩)を入れて混ぜます。その後擦ったやまといもを加えとろりとするまでよくまぜ合わせる。

お好み焼きのレシピ・作り方

小麦粉→A→やまといもという順番で加えていきます。今回は忘れてしまいましたが、やまといもを加える前に小麦粉とAは混ぜておきましょう。

私の場合やまといもは皮を剥いた後、擦りながら直に加えています。(やまといもは素手で触ると手が痛くなりますので、手袋をはめるかキッチンペーパーで持ちながら擦るといいです。)

お好み焼きのレシピ・作り方

よく混ぜ合わせます。ここの作業でのやまといもと水の量でお好み焼きの厚みが変わってきます。

④別のボウルにみじん切りにしたキャベツに、みじん切りにした紅しょうがとB(揚げ玉・削り節)を入れて混ぜます。

お好み焼きの材料

お好み焼き6枚分となると量は結構多くなるので、ボウル2個は必要になってきます。その後の混ぜる作業のことを考えるとボウル2個に分けておいた方がいいです。

⑤卵を割り入れ、よく混ぜ合わせた③を入れます。

お好み焼きのレシピ

↑ボウルを2つ使っている場合は、卵2個ずつにして割り入れましょう。

お好み焼きのレシピ

↑よく混ぜ合わせた③も半分ずつ入れます。そして入れた後、早まって早々に混ぜないように!!ふっくらしたお好み焼きにするための大事なポイントがあります。要チェック↓

⑥【ふっくら焼きあげるためのポイント】底からすくうように混ぜるのが基本ですが、10回~15回くらい混ぜたら終了です。空気を含ませることをイメージして混ぜ過ぎないようにしましょう。

お好み焼きのレシピ

↑しっかり混ぜ込んでなくていいです。ぐるぐる回して混ぜないでください。底からすくうように意識しましょう。これがふっくらしたお好み焼きができるポイントです。

⑦ホットプレートに油をキッチンペーパーで引き、予熱しておきます。

ホットプレート

予熱時間は使用しているホットプレートによりけりです。

⑧生地を広げて入れ、2個分を作ります。だいたいおたま3杯分くらいで1つのお好み焼きができます。そしてその上に切った豚肉3枚をのせます。4~5分焼きましょう。

ホットプレートでお好み焼き

↑ふっくらした厚みのあるお好み焼きを作りたい方は、生地を入れた後あまり押しつぶさない方がいいです。

ホットプレートでお好み焼き

↑豚肉を広げてのせます。

⑨4~5分焼き、焼き色がついたらヘラでひっくり返し、また4~5分焼きます。そしてもう一度ひっくり返して1分焼きます。

ホットプレートでお好み焼きのレシピ

この過程で豚肉はしっかり焼けるので大丈夫です。むしろ焼けすぎると肉が固くなってしまうので、ちょくちょく様子を見ましょう。

お好み焼きを返す作業はやっぱりヘラがあると便利です。失敗が少なくなりますし、最後の切り分けにもヘラで十分対応できます。非常に安いので2本持っておくといいでしょう。

よくホットプレートに傷がつかないように出来ている、柔らかいタイプのヘラがあり購入に迷うかもしれませんが、曲がらないタイプのナイロンでも今のところ傷がついていません。むしろ辺に曲がったりしなくてしっかり固定されていいです。料理の際あると何かと便利です。形を崩さず持ち上げるときなどに使用できます。

おすすめナイロン素材のヘラはこちら↓詳細はクリック↓

ホットプレートでお好み焼きのレシピ

最後お好みで調味料をかける際、肉が上になっているようにします。(↑これだけ今回の写真ではないです)

⑩ホットプレートの上でお好みソース・マヨネーズ・青のり・かつお節をかけて完成!

ホットプレートでお好み焼きのレシピ

最後にお好みソースやマヨネーズをかける際、ホットプレートにはみ出るとめちゃくちゃ油が飛びます。なのでなるべくお好み焼きの上からはみ出ないようにしてかけましょう。

マヨネーズ・青のり・かつお節はお好みですが、かけた方がおいしいです。(今回の写真はかつお節をかけていません。)ソースはオタフクのお好みソースを使用しています。

ホットプレートでお好み焼きのレシピ

お好み焼きをヘラで4等分にしホットプレートを保温にしておくと、最後まで熱々でおいしく召し上がれます。(今回は最後のひっくり返しを忘れてしまい、肉が下にあるままです。肉が下のままだと焦げ焦げになってしまうので肉が上にある状態というのは必須ですね)

次のお好み焼きを焼く際、軽く焦げなどをキッチンペーパーで拭き取ってから、また油を軽く引きましょう。このときホットプレートは熱くなっているので火傷に気を付けましょう。

今回の厚みもあってふっくらしたお好み焼きは食べ応えがあっていいです。ホットプレートだと熱々の状態で食べられるし、みんなで囲んで作るので食事が楽しくなります。

このお好み焼きはキャベツとやまといもがたっぷり入っているので健康的ですが、もちろん味もおいしいです!!

この材料だとしっかり美味しい6枚分のお好み焼きを作ることができます☆

Q.お好み焼きが余ってしまったら・・?

ちなみにお好み焼きは作り過ぎた場合、冷凍保存もできます。ホットプレートの上で焼く工程(肉も)まで済ませたら、ソースなど調味料はかけずにラップに包んで冷凍庫へ!

食べたいときにレンジでチンしてソースなどかければおいしいお好み焼きが復活します。実際に試してみましたが、普通においしかったので作り過ぎの心配はいりません。

最後に

自宅で料理を作るメリットとして自分の好きな味付けに出来るという点があります。お好み焼きも自分の好きな味付けに工夫できます。

例えば肉たっぷりのお好み焼きがいい!という場合には、肉3枚だけじゃなく6枚くらいのせてもOKです。私は紅しょうがが好きなので今回は少し多めですが、6枚分だと30gでも十分です。

このように料理は自分の好きなように工夫できます。なのでお好み焼きといっても味は無限大です。それを知ればきっと料理好きになりますよ!

そして今回使用しているのはアイリスオーヤマのホットプレートです。温度調整機能もあるし蓋もついています。他にもたこ焼きプレート・焼肉プレート付き!こびりつきにくく、汚れがスルッと落ちるフッ素プレートなので丸洗いOKな点も嬉しい!

これ一台あれば料理の幅が広がります。ホットプレートで作る食べ物を十分楽しめることができます。amazonで購入したのですが買って損はなしです。週末はだいたいホットプレートでみんなでワイワイ食事を楽しむことができます!

ホットプレートをお探しの方におすすめ↓詳細はクリック☆↓

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク