シミ対策に飲み薬?レーザー後に皮膚科でもらった3種類の内服薬とは

シミ,美容

スポンサーリンク

シミに効果的だと言われている3種類の飲み薬「シナールユベラトランサミン」についてです。皮膚科にて完全に美容目的ですが購入しました!今回は実際に2ヶ月間飲んでみた結果も含めお伝えしていきます。

皮膚科で購入するきっかけになったのが、顔のシミをレーザーで除去してもらったことです。レーザー後の肌はとても敏感になっているので日焼け厳禁。レーザーしたばかりの肌に紫外線・・・考えただけでも恐ろしいし皮膚科からも絶対ダメとのこと。なのでシミ対策・シミ予防として内服薬の服用をおすすめされました。

いくつかシミ対策の飲み薬がありましたが、選んだのがシナールユベラトランサミンです。皮膚科で購入するとなると、こういう飲み薬についてもどこか安心感がありますね。

最初はシミに飲み薬!?という疑わしい気持ちでしたが、薬の効果についてしっかりと書かれた説明書をいただき、いち早く飲みたくなりました(笑)

もちろん皮膚科なので押し売りは一切ありません。シミに効果的だと言われている飲み薬に興味のある方や、病院で美容目的の内服薬をもらいたい方など、今回の記事が何かの参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

シミに働きかける飲み薬について

普段使用している化粧品は、基本的に皮膚表面のシミにしか効果を働きかけることができないと言われています。

そこで近年、体の内側からシミをケアすることできる「シミ用の飲み薬」にも注目が集まっています。

皮膚科や美容外科でもシミ治療として、飲み薬が紹介・処方されていますし、某有名女優なんかは、日焼け止めも飲み薬にしているらしく、体の内側からのアプローチに期待してしまいますね。

内服することで、体の内部からきれいなお肌に近づくと、飲み薬の効果をうたっているところが多いです!

しかし、メリットがあればデメリットもあります。以下でまとめてみました。

飲み薬のメリット

きれいな肌を手に入れることができる。
・体の中からシミに働きかけることができる。
・手軽にお肌のケアができる。

飲み薬のデメリット

即効性を感じにくく、効果が出るまで時間がかかる。
体の副作用が気になる。
・病院で処方してもらう場合、病院通いが面倒。

※副作用については下の記事で紹介します。

私は皮膚科にて、3種類のシミに効くと言われている飲み薬を購入しました

その3種類を内服することで、より効果が期待されるそうです。

確か保険適用外で、病院を受診した際の帰りに受付で渡してくれました。

実際に私が皮膚科でもらったその3種類のシミ用飲み薬シナール配合錠ユベラ100mgトランサミン500mg)についてご説明します!

内服薬「シナール配合錠」について

シナール配合錠
主成分→ビタミンCとパントテン酸(ビタミンB5)を配合した複合ビタミン剤。

【用法・用量】
1回1~2錠を1日3回内服。
※※年齢、症状により適宜増減されます。

【効果・効能】
・ビタミンCはシミの原因となるメラニン色素の形成を抑え、皮膚の色素沈着(シミ・肝斑など)の改善効果があり、身体の免疫力を高める効果もあります。
・美容に欠かせない栄養素で、特に皮膚、骨、血管などの繊維成分であるコラーゲンの生成を促進します。
・ビタミンB5は糖分、脂質、タンパク質の代謝を促し、皮膚を綺麗に保つ効果があります。ビタミンCと一緒に摂取することで、ビタミンCの働きを助けます。

【副作用・禁忌事項】
安全な薬で副作用はほぼありませんが、ビタミンCの特徴として摂り過ぎるとお腹が緩くなることがあります。

※この説明分は、皮膚科からシナール配合錠を処方してもらった際の説明文を参考にしています。市販で購入するものや、他の病院で処方されたものも、全く同じ成分・効能だとは限りません。参考までに。

ビタミンCはしみに効く成分の代表であるともいわれており、食事からも接種することのできる成分です。ビタミンCもシミの元となるメラニン色素の生成を抑えるほか、酸化して黒くなってしまったメラニン色素を還元する効果も認められており、シミを薄くする効果が期待されています。

引用元:クリニックフォア「シミ対策・美白効果のある内服薬の種類・違いについて、美容皮膚科医が解説します」
https://www.clinicfor.life/articles/beauty-012-2/

内服薬「ユベラ100mg」について

ユベラ100mg
主成分→トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)。

【用法・用量】
1回1錠を1日2~3回内服。
※年齢、症状により適宜増減されます。

【効果・効能】
・ビタミンEの持つ抗酸化作用により肌の酸化を抑え、皮膚の新陳代謝を高めてメラニン色素の沈着防止によりシミやそばかすの予防効果や、しわやたるみを防止する優れた効果があります。
・末梢の血行を促すことにより循環障害を改善し、抗酸化作用により過酸化脂質の増加を防ぎます。
・通常、ビタミンE欠乏症、末梢循環の治療や過酸化脂質の増加防止などに用いられます。

【副作用・禁忌事項】
・以前にこの薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出現したことがある方。
・妊娠中や授乳中の方。

※この説明分は、皮膚科からユベラ100mgを処方してもらった際の説明文を参考にしています。市販で購入するものや、他の病院で処方されたものも、全く同じ成分・効能だとは限りません。参考までに。

内服薬「トランサミン500mg」について

トランサミン500mg
主成分→トラネキサム酸。

【用法・用量】
1回1錠を1日2~3回内服。
※年齢、症状により適宜増減されます。

【効果・効能】
・シミや肝斑を改善する大きな効果あり。
(1)メラニンの生成を抑制する作用
・肌が紫外線等の刺激を受けるとメラノサイトにメラニンを作るための情報が伝達されまが、その際にトラネキサム酸はシミを発生させるプロスタグランジンという物質を阻害する為、メラニン生成が抑制されます。
(2)抗炎症/抗アレルギー
・プラスミンのアレルギーや炎症を起こす作用も抑えるので、アレルギー症状や腫れなどの症状にも効果があり、口内炎や湿疹、蕁麻疹などの治療に使用されています。
(3)止血効果
・プラスミンの血液を溶かす働きを抑制する効果があり、これが止血作用となります。

【副作用・禁忌事項】
・服用してはいけない場合…トロンビン服用中。
・慎重に服用すべき場合…脳血栓、心筋梗塞、血栓性静脈炎など血栓症が現れる恐れのある方/消費性凝固障害/術後の臥床状態にある人および圧迫止血の処置を受けている人/腎不全/本剤の成分に対するアレルギー。
・妊娠または授乳中の方。
・ピル内服中の方。

※この説明分は、皮膚科からトランサミン500mgを処方してもらった際の説明文を参考にしています。市販で購入するものや、他の病院で処方されたものも、全く同じ成分・効能だとは限りません。参考までに。

2ヶ月だけでは効果が出ない?

皮膚科でシミに有効的な飲み薬を処方されましたが、気になるのはその効果ですね。

実際、数日程度の内服では効果は期待できないそうです。長くても3ヶ月程度様子を見る必要があると一般的には言われています。

シナール配合錠ユベラ100mgトランサミン500mgをシミ除去レーザー後から、きっちり2ヶ月間の内服で様子を見ました。いくつかのシミはレーザーで取りましたが、私の顔にはまだまだ小さなシミがあります(シミ予備軍もたくさん見え隠れしています)。

ちなみになぜたったの2ヶ月間の内服にしたかって?なぜもっと続けなかったのかって?

それは、個人的にデメリットの方が勝ってしまったからです。

普段のスキンケア(化粧水や美容液)に加えて飲み薬の内服。そうすると月5,000円ほど美容代がかさみます。

そして一番億劫だったのが、皮膚科に行ってまたこの飲み薬をもらってくること!

きちんと医師の診察を受けて、また追加でほしい旨を話せばいいだけですが、皮膚科だと診察の順番を待ったりで半日ほど使ってしまうため、どうしても億劫に・・。

そして内服を2ヶ月で辞めたもう1つの理由。

それは私の場合、たった2ヶ月の内服ではシミへの効果は特に無かったです。ありませんが肌への効果が目に見えて現れました。

肌艶がかなりよくなりました。自分では最近化粧ノリいいな~♪的な感じでしたが、友人に会った際、「何か変わったね?肌何かやってる!?」と聞かれました。(ギクッ!)

これはこれはこれはっ!!

いや、ぶっちゃけると化粧ノリいいな程度ではなく、その日は特に良くて、自分でも肌艶の良さに少し見とれるほど・・(笑)ここで私は大満足しました。

肌もキレイになったし、また皮膚科行くのもめんどくさいし、2ヶ月で辞めよう!という訳です。

肌艶が良くなったのは確かです。しかし、肝心のシミはというと・・やっぱり変化は見られていません。

シミが薄くなったり、無くなったりとかは無いです。でも内服していた間は、新たなシミを予防出来ていたはずです。(そう信じる)

やっぱりもっと長い目で継続して飲み薬を服用する必要がありますね。

シミに効く飲み薬(内服薬)を2ヶ月飲んでみた効果

シミへの効果は出ませんが、肌艶はかなり良くなりました!

※私個人の結果です。年齢や・環境などにより個人差はあるかと思います。

ちなみに内服薬を止めてしまうと肌艶もどんどん元に戻っていくので、継続した内服をおすすめします!

いかがでしたか?

まとめると、今回私が2ヶ月間シミの治療のために内服した飲み薬は、シナール配合錠ユベラ100mgトランサミン500mgです。

そしてその効果ですが、シミへの効果は出ませんでしたが、肌艶はかなり良くなります

ぶっちゃけ3~5歳くらい若返った感じの肌になりました。

普段から特にビタミン不足の方は効果を期待できそうですね。

シミに対して外側からのアプローチの他に、体の内側からのアプローチもおすすめですよ!

ちなみに私は2ヶ月間飲み薬を内服して、気分が悪くなったりとかは何もありませんでした。ですが内服する際は説明書をよく読んで用法・用量を守ってくださいね。

美容目的のサプリメントも今ではたくさん販売されています。美肌を目指すための1つの参考にしてみてください。ちなみに私は現在は皮膚科で飲み薬はもらっていません。手軽に購入できるサプリメントを飲んでいます。

病院に行って処方してもらうのが面倒、時間がないという方は、簡単に購入できるネットを活用する手もあります。おすすめはビタミンCの補給ができるサプリメントです。

人気・高評価のビタミンCはこちら♪詳細はクリック☆↓↓


是非この機会に、気軽に摂取できてお肌に良いとされているビタミンCを取り入れてみてください!

amazonで詳細を見る・購入する方はこちらから↓↓

最後までお読みいただきありがとうございました♪

スポンサーリンク