マツエクの持ちを良くするには?【長持ちの秘訣】

【マツエク】持ちを良くするには?アイラインはいらない?キレイな目元を作る!

どうもー!

みなさん、まつ毛エクステをご存じですか?まつ毛エクステ、略してマツエク

近年ではつけまよりもその便利さ故、マツエクをしている女子が急増していますね!

マツエクをしようか迷っているという女性も大勢いると思います。初めてのことに心配はつきものです。実際、私もマツエクをする前は調べて調べてググりまくって・・

・・・

マツエク最高!!!

という境地に至りました(笑)

マツエク、それは圧倒的楽さ。キレイな見栄え。人によってはアイラインなしでもOK。スッピンでも映える。

決めかねている女性に100%の力でおすすめしたいです。まだマツエクデビューしていないなんて、もったいない!!

そこで!!

今回はマツエクの良さをまだ知らない女性のために、マツエクについて語りたいと思います。

どの行為がまつ毛(マツエク)に対して良くないのか、長持ちするためにしてはいけないことは何か、アイラインはする・しない?などなど! 長年マツエクをして分かったことを率直にお教えします♪

マツエク【まつ毛エクステ】について

マツエクとは、

「化学繊維等から作られた人工のまつ毛をグルー(瞬間的に接着するもの)を使用して自まつげに装着する技術」

と言われています。

人工のまつ毛を皮膚ではなく、自まつ毛に重ねるように装着するのです。

マツエクは、マツエク専門店はもちろんの事、美容室・ネイルサロン・エステサロン・脱毛サロン・マッサージサロンなど、あらゆる美容サロンで導入されています。

昔は数えるほどであったマツエクを行える店舗が、今では把握しきれないほどです。需要が増えていることが分かりますね。

そしてマツエクでは、装着するまつ毛に種類があります。その3種類について簡単に説明します。

マツエクの種類

Silk(シルク)

3種類の中では一番料金が安い。

シルクはハリ・コシ・ツヤがあるのが特徴です。だいたいどの店舗でも一番お安くなっているので、値段重視の方にはおすすめ

・Mink(ミンク)

お値段は3種類の中だと中間に位置します。

ミンクは、自分のまつ毛とよくなじみ、自然な仕上がりになります。また付け心地も軽く、自まつ毛に与えるダメージが少ない点がメリット。

・Sable(セーブル)

セーブルは、自然のまつ毛にもっとも近い質感を持つといわれている高級なまつ毛エクステ。

まつ毛に馴染みやすいうえにダメージも少なく、ナチュラルな仕上がりになるのが特徴。

ちなみに私はいつもセーブルを利用しています。軽い付け心地でマツエクをしている違和感がないです。「安物買いの銭失い」を気にする方は、最初からセーブルで間違いないです。

マツエク

マツエクのメリット

冒頭でも軽くマツエクのメリットをお伝えしましたが、ここでもきっちりお伝えします★

  • お化粧が楽(ビューラー&マスカラの手間が省ける。時短。人によってはアイライン無しでもOK)
  • スッピンでも盛れる(お泊り・家デートなどでメリット。まつ毛が上がっているだけで全然違います)
  • キレイな見栄え(まつ毛がキレイに全てカールしている&適度な長さがるので、目が映えます)

マツエクをした目元は本当に化粧が映えるし、まつ毛によってはゴージャスな仕上がりになります。私同様、一度マツエクをしたらその良さからリピートは必須かも?

しかし!!

このメリットを得るためにはデメリットも存在します。

そうです。その一つに、「マツエクの持ちが悪い」という事実。

例えば、私はいつもセーブル80本を5,000円でやってもらいます。そのマツエクの完璧な持続力は2週間。その後、徐々に抜けたり取れていって、一ヶ月後には無くなっています。

えぇ~~~!?それだけしか効果がないの?持続力短くない?

と、最初はビックリしました。マツエクとはそんなものです。(逆に延々とまつ毛にくっついていたらそれもそれで怖いよね・・・?)

せっかく5,000円も払って一ヶ月。しかも4週目なんてもう数えられるほどの人工まつ毛がぶら下がっている程度・・・

デメリットを上回るメリットがあるからこそリピートしているけれど、内心はもうちょっと持ちが良ければなと。

そこで!!

マツエクの注意点や気を付けるべきこと、マツエクを長持ちするためにまつ毛に気を遣っていたら、一ヶ月半持ちました。

普通は2週間前後で取れ出し、それ以降は寂しい感じになるまつ毛が、一ヶ月は盛れている状態を保っていました!

それを後程詳しくご説明します♪

マツエク

マツエクを長持ちさせる【当日の準備】

マツエクをする前の準備について、しっかりとここで予習しておきましょう。

長持ちさせるためには、施術当日の行いも重要ですよ!

マツエクについて、HOT PEPPER magazineのこちらのサイトも参考になります↓

事前にビューラーやまつ毛パーマは必要?

マツエクをする前の、よくあるちょっとした疑問。

ビューラーをしていった方がいいの?
・まつ毛パーマをした方がいいって本当?

・マスカラをして盛っていく?
・ちょっとまつ毛を抜いていったほうがいいの?

ダメです!!

上記の内容はしないでください。

元々ある自分の自まつ毛は何もいじらずに来店して大丈夫です。

自まつ毛の上に、人工まつ毛を交差するよにうまく載せていくので、自まつ毛までしっかりとカールして上がります。

人工まつ毛で持ち上げてくれるという感じ。

パッカリとまつ毛が二手に分かれる心配はないので、事前のビューラーやまつ毛パーマは必要ありません。

店舗によっては、まつ毛パーマをかけていても、まつげエクステはできるそうですが、接着面が少ないので、通常より持ちが悪くなるそうですよ。

マツエクの持ちを良くするためにも、ビューラー、まつ毛パーマは控えましょう。

マツエクをする前はノーメイクが基本

マツエクをする前ってメイクをしてもいいの?という疑問。

ダメです。

ノーメイクでサロンに行くこと!!

お化粧をしていってはいけません。

もし仮にサロンでお化粧を落としたとしても問題があります。

メイクオフ後のまつ毛には、水分や油分が残っており、グルー(接着剤)が乾きにくく接着も弱まります。

せっかく装着したマツエクがすぐに取れてしまいますよ!!

ただでさえあまり持続しないマツエクですので、少しでも長持ちするように事前に心得ましょう。

目の周辺を避けたお化粧なら大丈夫です。

でも安心安全をとって、私はドすっぴんで行きますが。

ちなみにマツエク装着後のメイクはOKです。※オイルの入っている化粧品を目の周りに使用するのはNG。

あとマツエク直後も5~6時間は目を濡らさない・触らないが基本です。

お風呂の時間やメイクオフの時間を逆算して、計画的にサロンにいきましょう。

ちなみに、マツエクをする前のコンタクトレンズの装着は、サロンによって異なります。

だいたいのサロンがコンタクトレンズNGだと思います。

私の通っているサロンは、ソフトコンタクトレンズはOKですが、あらかじめ装着していることを、ご報告しなくてはいけません。

そして、ハードコンタクトレンズは必ず外さなければいけないそうです。

私が思うに、マツエクをつける前にそもそもコンタクトレンズはしない方が良いです。

マツエク装着中は基本ずっと目を閉じています。

だいたい80本の装着で45分ほどの時間がかかっていますから、目を開けた時に、コンタクトレンズがパッサパサになってしまいますよ。

あとグレー(接着剤)も少なからず目に入ります・・。

ちなみに、マツエク装着後は問題なくコンタクトレンズを使用しても大丈夫ですよ!

マツエクをする前の心得

元々ある自まつ毛はそのままでOK。
ビューラーはしない。
まつ毛パーマはしない。
マスカラはしない。
マツエクをする前はノーメイクが基本
・コンタクトレンズをつけたままはおすすめしない。

マツエク装着後のメイク

マツエクの持ちを良くするには?【長持ちの秘訣】

一体、何をどうすればマツエクの持ちが良い状態を作れるのでしょうか?

早速ご説明します♪

まつ毛を触らない

マツエクの持ちを少しでも良くするためには、まつ毛をなるべく触らないこと。

マツエクに慣れていないと、まつ毛が気になって頻繁に触ったり確認したりしてしまいます。

しかし、マツエクで付ける人工まつ毛は、自まつ毛に装着します。触ったり、動かしたりすると自まつ毛ごと取れてしまうのです。

マツエクでまつ毛が取れる場合は、自まつ毛ごと抜けるパターンが多いです。なので、なるべく触らないでそっとしておくことがベスト。

あとコンタクトレンズを入れる際、マツエクを抑えてしまうと、取れやすくなってしまします。

ちなみに私はコンタクトレンズを付ける際、いつもまつ毛を押さえてコンタクトレンズを入れていましたが、瞼を上に押さえて入れるようにしました。
まつ毛は一切触りません。
マツエクでまつ毛は上がっているので、まつ毛に触れなくてもコンタクトはすんなり入れられます。
そうするようになってから、マツエクの持ちが良くなりました。

マツエクが長持ちする秘訣の一つですよ!

②目がチクチクしたらこすらないで優しくつまむ

マツエクをしていると抜けたまつ毛がうまく取れずに、目を刺激してチクチクすることがあります。

そのときに若干「痛い」や「かゆい」状態になるので、つい目をこすってしまいます。

しかし!!マツエクをしているときに目をこするのは厳禁です!マツエクをしていなくても目をこする行為は目に良くありませんが・・・

では一体そういうときにはどうすれば良いのでしょうか?

それは目がチクチクしたらこすらないで優しくつまむです。

抜けたまつ毛をそっと取るイメージでつまんでください。

「まつ毛を触らない」と前項で述べたばかりですが、チクチクした状態のままでいる方が目によくありません。目のためです。目>まつ毛です。

ここでこすってしまうとごっそり抜けてしまう原因になるので、まつ毛の持ちを良くするためにも気を付けましょう。

③スキンケア・クレンジングに気を付ける

せっかく取り付けたまつ毛も、間違ったスキンケアをすると取れてしまいます。

注意事項として、化粧水をつける時や乳液・クリームには保湿のために油分が含まれているため、目元につける時は、まつエクに触れないように注意しましょう。

また、マツエク用接着剤のグルーは、油分に弱い性質があるので、オイルクレンジングを使うことは厳禁です。

クレンジング(化粧落とし)も気を付けましょう。

ちなみに、私はクレンジングの際、目元をこすらないために、アイメイクはオイルフリーのクレンジングをつけた綿棒で優しく拭き取ったり、シートタイプのクレンジングでまつ毛に触れないように優しく落としています。

マツエクを長持ちさせるために、少し面倒ですが、慣れればどうってことないですよ。

④洗顔・入浴後など、濡れたまつ毛は乾かす

洗顔・入浴後など、濡れたまつ毛は乾かす」マツエクを持続させるために、これはマツエクをした店舗で注意事項としてよく言われますね。

つげに水分が付着したままだと、取れやすくなってしまいます。

水気をタオルで軽くあてるようにしてとり、ドライヤーで冷風を下から当てて、左右一分ほど乾かすのがポイント。

また、マツエクをした当日もマツエク後から5~6時間はまつ毛を水に濡らしてはいけません。まつ毛を水分から守って取れやすくなる状態を避けましょう。

⑤ビューラーは使わない

まずこれは使う必要がないですが一応記載しておきます。

ビューラーを使用すると、マツエクが取れたり、折れたりします。

また強く引っ張ると自まつ毛ごと抜けてしまったり切れてしまうので使用しないようにしましょう。

マツエクをすると自まつ毛もキレイにカールします。自まつ毛が持ち上がるように人工まつ毛を取り付けるので!まつ毛パーマ・ビューラーなどする必要はありません。

カールの角度は店舗で調整できるので、ビューラーを使用しなくても良いように、自分の好みのカール角度を考えておきましょう。

しかし!

マツエクがだいぶ取れかかっていて、まつ毛が寂しくなってきたときに、ビューラーやまつ毛パーマを使用したくなります。

使用すると、ごっそり自まつ毛も残りのマツエクも取れてしまいますよ・・・

なので、そのときは自まつ毛のことも考えて、オフ(付け替え)してもらった方が良いです。

ビューラー

マツエク中、アイラインはする?いらない?

マツエクをしたときに、アイラインはいる?いらない?した方が良いの?しない方が良いの?

・・・

個人的には、しなくてもOK!

なぜかと言うと、マツエクでまつ毛を取り付けると、自然と目元の印象が強くなります。ぶっちゃけアイラインをしなくても、盛れている目元になっています。

実際に友達がマツエクをしたとき、アイラインを引いていない(むしろ目元は何もメイクをしていない)と言われたときはビックリしました。だってマツエクだけで、どっちかっていうと濃いメイク寄りだったから(笑)

ちなみに私がマツエク後にアイラインをすると、かなりケバめ(笑)なので、濃くて力強い目元を作るときはアイラインをするようにしています。

参考までですが、セーブル80本・カール度合は中間・長さは目が痒くならない程度の長さでアイラインをしなくても十分キレイな目元を作れます。

私はマツエク中、アイラインはいらないです!

※目の大きさなどで印象も変わってきますので、店員さんと相談しましょう♪

【まとめ】マツエクを長持ちさせて出費を抑えよう!

マツエクをすることで、ビューラーやマスカラだけでは作れなかった、キレイな目元になれます。

とっても楽だし、自然な仕上がりになるので、満足すること間違いなしです。

ここでお伝えしておきたいのが、マツエクでキレイな目元を作るためには、メリットだけではなく、デメリットも存在します。

  • 値段の割に長持ちしない
  • 自まつ毛が抜けるリスクが上がる
  • 寝るときに気を遣う
  • 稀にアレルギー反応を起こす

【アレルギー反応について】体調のコンディションが悪い、免疫力が低下している場合等、稀にアレルギー反応を起こす場合があるようです。

でもマツエクの一番の問題点は、お金がかかること!だと思います。

ただでさえ女性は、化粧品やら洋服代などで、出費が毎月発生します。

それにプラスして毎月5,000円ほどのマツエク代が追加されたら、女子は辛いです(笑)

そのためにも!!!

マツエクの出費を抑えるために、1ヶ月以上は目の上で持続してもらわないと困るのです!

私はマツエクのヘビーユーザーですが、出費は激しい月は諦めます・・。

それかマツエク代がもう少し安くなってくれたらなぁ~という願望(笑)

まつ毛よ!長持ちしてくれ!!

【まとめ】

【マツエク】持ちを良くするには?おさらいしましょう。

  • まつ毛を触らない
  • 目がチクチクしたらこすらないで優しくつまむ
  • スキンケア・クレンジングに気を付ける
  • 洗顔・入浴後など、濡れたまつ毛は乾かす
  • ビューラーは使わない

以上のことに気を付けて、マツエクをしているまつ毛を大切にしましょう♪

そして、丈夫なまつ毛を育てるためにはマツ育です。

まつ毛美容液でマツ育☆

マツエクをつけると、どうしても自まつ毛は傷みやすくて、まつ毛に栄養が行き届かなくなると、まつ毛の成長が止まってしまいます。

長持ちさせるためには、土台が肝心となるので、美容液を使って健康で丈夫なまつ毛を育てましょう。

【効能効果】まつ毛にハリ・コシを与え、すこやかに保つ。まつ毛の補修を助け、 裂毛・切毛を防ぐ。まつげの根の細胞を活性化し、まつげを目覚めさせ、まつげを補います。

最後までお読みいただきありがとうございました!