ベランダの室外機に鳩「ハト」の死骸!ウジ虫も!対処法

ベランダの室外機に鳩「ハト」の死骸!ウジ虫も!対処法

この夏、なかなか体験しないビックリなことが起きました。

なんと我がアパートのベランダの室外機の下で鳩(ハト)の死骸が見つかったのです。

実は発見前に、お隣さんからベランダのウジ虫と悪臭のことで尋ねられていました。

それか~~~!!!

あまり体験しないことかもしれませんが、いざ自分の身に起きるとパニくります。

また、素人判断で処理&解決してはいけない事例もあります。

そこで今回は以外と知らない、「鳩の死骸の処理方法やウジ虫の駆除方法・なぜ室外機で死亡するのか」など、体験した一部始終を説明します。

ベランダの室外機に鳩(ハト)の死骸

ウジ虫と悪臭

私はアパートの2階に住んでいます。

隣が公園なのですが、朝方その公園でおじさんがハトに餌をあげています。1対20羽くらいで。

「くっくるーぽっぽー!」というハトの声をそのときは微笑ましく聞いていました。

そのときは・・・。

ある日、アパートの隣の部屋に住むおじさんが訪ねてきました。

「昨日からベランダに悪臭がするのと、ウジ虫が湧いて困っている。その原因を追究している。」

なに?悪臭とウジ虫だと・・・?

確かにベランダに何か白くて小さい幼虫みたいな虫がいるな~とは思っていたけど、あれがウジ虫か!!!

そして私は悪臭には気付いていませんでした。

実はお隣さん、このご時世で玄関とベランダの網戸を常に全開にしている人!エアコンを使わないポリシーか節約かは知りません。

そんな常日頃から全開を心がけていたら、ウジ虫が部屋に入ってきたり、ましてや悪臭がしたら・・・全力で原因追究&排除するよね。

そしてお隣さんは続けて驚きの発言を。

「お宅のベランダの室外機の下に鳩か何かの物体が見える。もしかしたらそれが原因かもしれない。」

な・・・なにーーー!!?

確かに配置上、エアコンの室外機はお隣さんのベランダより。

すぐさま確認すると、確かに室外機の下に何かいる!

そして近づくにつれかなりの悪臭!!ウジ虫大量!!なにこれ!!

近くで見て物体の正体が判明しました。案の定。

鳩が死んでいる

鳩がベランダの室外機に来る原因

ハトは外敵から身を守るために、住宅の隙間に巣を作ることがあります。

また餌を得やすいところにも巣を作ります。

自宅が鳩の餌場に近い、三方が壁に囲まれているなど、ベランダにある室外機周辺はハトにとって居心地が良く最適な場所です。

安全な場所として認知すると、たいていの鳩は巣作りに発展します。

そして鳩の巣に関する思わぬ被害受けます。

  • 鳴き声による騒音被害
  • 糞による洗濯物などの汚れ

羽休め程度なら良いのですが、ここまで来ると業者の出動を手配しないといけなくなるほど被害は深刻なものもあります。

被害レベル判定は下記サイトを参考に↓↓

しかし今回の場合、ハトの巣は見つかっていません。

室外機の下でハトが一羽死んでいただけです。ベランダの鳩被害はありませんでした。

ではなぜ、室外機の下でハトは死んでいたのか?

鳩(ハト)の死骸の処理

ベランダのエアコン室外機で死ぬ理由

鳩は寿命が近づくと、巣や人目に付かないダクトや室外機の裏などに行き、そこでじっと死が訪れるのを待ちます。私たちが鳩の死骸を見ないのは、鳩が死に場所を選んでいたからなんですね。

引用元:鳩対策駆除なび「 ハトが寿命を迎える場所はどこ?意外と知らないハトの一生について 」

「寿命が近づいた鳩が、私のベランダの室外機の下を死に場所に選んだ」ということでしょう。

今回初めての経験ですが、ベランダの室外機なら、意外と同じ境遇にあったことがある方、多いのではないのだろうか?

しかしなぜ私のベランダにしたの?(泣)

【注意】鳩の死骸の処理について

私は知識豊富なお隣さんに言われて、鳩の処理の危険性を事前に知ることができました。覚えておくべきことが1つ。

  • 鳩の死骸はウイルスなどを持っているおそれがあるため、むやみに触れてはいけない。

直接触れてしまうと、鳩のもつ病原菌によって感染症にかかるリスクが高まります。

トキソプラズマ症・クリプトコックス症・ヒストプラズマ症・オウム症・鳥インフルエンザ症など。

鳩の死骸だけでなく糞も触ってはいけません。放置もペットなどへの感染のリスクが高まります。

鳩の死骸をベランダで見つけたら、保健所や役場の環境事業化、大家などに連絡して処分を依頼しましょう。

また、鳩駆除の専門業者に依頼してみるという手もあります。

すぐに鳩の死骸を処理してもらえないなど、どうしても自力で処分しなくてはいないときの注意点↓↓

・死骸に触れるときは、必ずゴム手袋とマスクを着用する 。

・死骸を回収した袋はしっかりと封をする 。

・処分したあとは手洗いとうがいをする 。

鳩の死骸には、まちがっても素手で触れることがないように注意してください。死骸は一般の可燃ごみとして処分することになるので、しっかりと封をして、広範囲に感染するようなことがないようにしましょう。また、処分後の手洗い・うがいは丁寧におこなう必要があります。

引用元:鳩110番「 鳩の死骸を見つけたらどうしたらいい?正しい処分方法や放置のリスク」

こちらのサイトに詳しく書いてあります。参考に↓

ベランダのウジ虫駆除

さて、鳩の死骸は処理できました。そのベランダに残ったのは大量のウジ虫です。

親ハエが汚物や動物の死体に直接幼虫を産み、あっという間に汚物は大量のウジ虫に覆われてしまうことになります。

ウジ虫は雑菌をもっているといわれていますし、大量繁殖すると衛生環境を悪くしてしまう恐れがあります。

そのためウジ虫は完璧に駆除しなくてはなりません。

例のお隣さん曰く、「ウジ虫の駆除は大変だから業者に依頼した方が良い。」

なるほど。しかも繁殖が進むとアパート全体が巻き込まれる惨事とかなんとか・・・。

怖い!!!

けれども、すぐさま自分で行ったウジ虫駆除のおかげで、繁殖はせず、退治できました。

私が実践したウジ虫駆除↓

  • お酢とお水をかける。
  • 殺虫剤を使う。

お酢とお水をかける】 お酢と水を混ぜたものをスプレー容器に移しかえて、ウジ虫とその周辺にスプレーする方法。酢をかけられたウジ虫本体は死に、死んだ後もウジ虫はお酢の匂いが嫌いなのでその場所には来なくなり、駆除と予防の両方に効果があると言われています。

殺虫剤】はアースジェット。

以上!!この2点でウジ虫は駆除できました。存在していたウジ虫は死に、それ以上発生することはありませんでした。

ちなみに後から知ったのですが、アマゾンにはウジ虫を殺す専用の駆除剤があります。とってもお安い。

ウジ虫に悩まれている方にはおすすめ。

バポナうじ殺し うじ・ボウフラ駆除剤 [500mL]

ベランダにウジ虫が湧いたら鳩を疑う【まとめ】

今回は、お隣さんがベランダのウジ虫と悪臭に気付いたおかげで、鳩の死骸を早期に発見でき、ウジ虫がまだ広範囲ではない段階で対処できました。

しかし、ウジ虫が湧いているだけでは、「鳩」だと断定できる人は少ないです。

ウジ虫は早く駆除しなければ被害は大きくなりますし、鳩も早くに処理しなければ臭いが広がり、素手で触ったら感染症のリスクが高まります。

私は全て知っているお隣さんのアドバイスにより、スムーズに対処できました。

知識は、あればあるだけいずれ役立つなと思う出来事でした。

みなさん、ベランダにウジ虫が湧いたら「鳩(ハト)」を疑ってみて下さい(笑)

それが室外機周辺ならなおさら!

この体験をする前までは、何で鳩に餌をあげちゃダメなんだろう~?と公園にある看板に首をかしげていましたが、納得しましたよ。

もう私は、この体験はしたくないかなっ(笑)

今回、このブログを読んでこれからの知識の足しに少しでもなっていたら嬉しいです。