【洗顔】おすすめの洗顔料は?洗顔をしないとどうなるの?

洗顔は大切!きちんとしないと毛穴が広がってシミができるよ...【洗顔の基本】

どうもー!

みなさんは毎日の洗顔、きちんとされているでしょうか?

「毎日洗顔してるよ!」と豪語しても、大事なのは「き・ち・ん・と」洗顔しているかどうかです。

私は美に目覚める10代から20代前半まで、スキンケアを甘く見ていました。もちろん毎日朝と晩に2回、洗顔は行っていましたよ。行っていましたが・・・

雑!!!

もう超~雑。全然泡立っていない状態の洗顔クリームを顔にササッと塗り、サッサと落とす。なんとなく洗顔をしているだけで、何のために洗顔をするのか全く理解していませんでした。

あの頃は若かったので、目に見えない効果はあまり重要視していなかったんでしょうね。

・・・

甘かった(泣)!!!

洗顔を重要視していなかった私の肌には、20代中盤当たりからシミが目立つようになり、毛穴はイキイキと黒ずんで大きく開いています。

おかげさまで20代で30代に間違われることや、「主婦?」と言われることに慣れましたよっと~~~(こんなことに慣れたくないけどね)

ずぼらでめんどくさがりだった青春時代。紫外線も浴びていたし、スキンケアというケアをあまりしていかなった。洗顔だけがシミと毛穴の原因だとは言い切れないけれど、一つの要因にはなっていると思う。

だって、洗顔の本来の目的と意味を知ったのは、20代後半だったからね(泣)

洗顔・・かなり大事ですよ。洗顔料のチョイスミスで、毛穴の広がりをかなり悪化させてしまったこともあります。(下の項で詳細を述べます)

ちなみに20代とは思えないほどのシミが多数あったので、それはレーザーで取りました。

シミ除去前の写真も掲載しています。シミについての今後のご参考に↓↓

でも洗顔ってシミと毛穴に何の関係があるの?なーんて疑問の方もいるんではないでしょうか!

今回の記事で洗顔の大切さと基本をお教えできればいいなと思います!

洗顔について

洗顔の大切さを述べるにあたって、さまざまな角度から「洗顔について」を理解しましょう。

【役割】シミや毛穴汚れを落とす

洗顔をする目的と理由、それは肌の上で不要になった皮脂と汗を落とすためです。

この皮脂が紫外線を浴びるとシミの原因になったり、鼻や小鼻に見られるような毛穴の原因になります。

メイクをしなくても肌には汚れがあります。たとえば皮脂が紫外線を浴びると「過酸化物質」という酸化物になります。この過酸化物質などが肌にとどまると、シワや加齢性のシミなど、肌トラブルの一因になると言われています。

引用元:美容成分図鑑「洗顔料」

乾燥しているので気づきにくいのですが冬場も皮脂が出ています。空気が乾燥している分、肌を守るために、夏場より過剰に皮脂が分泌されている場合が多いです。寝ている間にも皮脂は分泌され、そのほとんどが酸化しています。

引用元:女子SPA!「 老けの原因だった!冬の「水だけ朝洗顔」

夏場に皮脂が出ているのはよく確認できますが、冬場も油断できませんね。

空気が乾燥していて、肌が多く皮脂を分泌しているときは、よーく目を凝らすと肉眼でも確認できますよ。

粗末な洗顔による毛穴の指摘【体験談】

まだ洗顔の重要さを理解していなかった頃、美に興味はあったのでキレイになりたいと思い、ある高級エステサロンでフェイシャルエステをしてもらいました。
そこで最後にこんなことをエスティシャンの方から…
「特におでこの毛穴がすごく開いています。毛穴が開く原因は皮脂がきちんと取れていないことなので、洗顔を見直してみた方が良いかもしれません。」
・・・

なんと!!

確かに、最近おでこがボコボコして来たな~とは思っていたんです!まさかこれが俗にいう、毛穴の開きだとは知らず・・そしてその原因が、洗顔がきちんとされていないせいだったなんて。

ショック!!

一番全体的に毛穴が気になっていたのに、まさか洗顔のせいだったなんて。そしてもう毛穴開きまくっちゃってるよ(泣)もっと早くに知っていたかったよ(泣)

「洗顔をきちんとしないと」。もうその夜から洗顔料を変更し、洗顔のやり方を見直しました。

そして、シミに関して言えば、思い当たる節がいくつかあるりますが、洗顔も一つの要因でしょう。

これまで洗顔をただの過程としか思っていなく、むしろ雑すぎて肌を傷つけていたかもしれませんね(汗)洗顔の大切さが伺えます。

洗顔をきちんとしないとシミや毛穴の原因になるって本当?

洗顔料の種類

「洗顔料」は肌の上で不要になった皮脂や酸化物、また、汗の汚れや古い角質(垢)の断片、ホコリなどを洗い流すことを目的に作られたものです。

肌の上で不要になった皮脂は酸化しているため水またはお湯で洗うだけでは落ちません。

そして、洗顔料も今では多種多様です。 洗顔の基本として自分にあった洗顔料を選び、肌を大切にしましょう。

洗顔料の種類

洗顔料を大きく分けると二種類あります。

洗顔クリーム(フォーム)

数種類の合成界面活性剤などに油分や保湿剤、精製水などを合わせてクリーム状やフォーム状に作られたもの。

昔ながらの固形の洗顔石けん

「洗顔用石けん」や「化粧石けん」よ呼ばれる、界面活性剤の一種である石けん素地から作られた純石けん。

洗顔クリームは手のひらで水と一緒に泡立てます。洗顔フォームは泡のまま出てきます。
どちらも洗顔後の肌のツッパリ感はなく、スッキリとした洗いあがりになるのが特徴。
使いやすい容器の中に入っているので、何かと便利。

そして昔ながらの固形の洗顔石けん。今時固形石けんなんて・・・と、今まで謎に固形石けんを排除していました。

が!!!

最近、美容の勉強を始めて知ったことがあります。それは、固形の洗顔石けんの方が、汚れをしっかり落とすことができて、かつ、肌にやさしいということ!!

固形の洗顔石けんがおすすめ

固形の洗顔石けんの方が、汚れをしっかり落とすことができて、かつ、肌にやさしいのはなぜでしょうか?

それは洗顔石けんに含まれる「石けん素地」の効能によるものです。簡単にいうと「強いけど優しい。」

肌が乾燥しやすい敏感肌の人は透明タイプの洗顔石けんがおすすめ

洗顔用の固形石けんには透明タイプのものがあります。普通の石けん素地から作られた洗顔石けんよりも肌にマイルド。優しいです。

ちなみに私は今まで、洗顔もめんどくさい&楽をしたいという一心で泡で出てくるタイプの洗顔フォームを利用していました。

この洗顔フォーム、肌トラブルが多い人には刺激が強いとかなんとか?という話しを聞いたので、洗顔フォームとはさようなら。途中で使用し始めた洗顔クリームともおさらば。

そして!!

乾燥肌・敏感肌・毛穴開きまくりの私なので、昔ながらの固形の洗顔石けんデビューしました

洗顔石鹸の効果】
洗浄力が強く、なのに肌への負担はゼロ。たった一回使用しただけでも皮脂と汚れがきちんと洗い流されます。

今まで目に見えて残っていた毛穴の汚れが落ちていました。

ちなみに、私が使用したのは「肌楽プラチナプラセンタ洗顔石鹸」!

固形の洗顔石けん
固形の洗顔石けん

形がかわいい!1,000円以下で購入できるし、泡立てネット付きです!(ちなみに泡立てネットは無印用品に売っている100円か120円くらいのものが非常に優れものです。)

手でも軽く泡立ちますが、泡立てネットに水を加えて軽くこすればすぐに泡立ちます。この固形物を直接肌に押し当てるのではなく、泡立てた泡で肌を撫でてくださいね。

とってもおすすめします♪(店頭には固形の洗顔石けんの種類が少ない可能性もありますので、ネットでの購入も視野に)

洗顔料について

洗顔をしないとどうなるの?

洗顔をしないと肌はどうなってしまうのでしょうか。

  • 肌の潤いが失われてしまう
  • 毛穴に汚れを溜めてしまう
  • 化粧のノリが悪くなってしまう

このようなことが一般的に言われていますが、「顔を3週間洗わなかったらどうなるか」を実験した女性がいます。

結果的に「皮膚の質が劇的に悪くなる」と。肌は依然よりもずっと乾燥して粗くなるとか、また肌の質感が変わったことで、ジェル、クリーム、セラム、ローションなど、どんな種類のモイスチャライザーも吸収しなくなるそうで。

そして最後に、顔は1日2回洗うべきと述べています。

洗顔をしない実験…は、さすがに怖くてできませんが、とても参考になる事例です。参考元↓

洗顔の大切さがしみじみ分かってきますね!

洗顔の基本・やり方

毎日の洗顔を再確認して美肌アップへ!洗顔の基本を理解しましょう。

浴室での「洗顔」やり方

入浴を終え、浴室を出る直前に洗います。

②手の上で泡立ててから顔につけます。(泡立てネット使用もOK)


③洗うポイントとして肌はこすらない。ほぼ泡で洗うような軽いタッチで、円を描くようにやさしくクルクル洗う。


④最初に顔全体(頬や額)を泡で撫で、鼻(Tゾーンも含む)→まぶた→フェイスライン→アゴ(アゴ裏や首も含む)→耳の脇・裏を。いずれも優しくクルクルが基本。


⑤ここまでを30~40秒で済ませます。


⑥ぬるま湯で顔・首・耳と洗った順に流します。


⑦流すポイントとしては、なるべく手でこすらずに水で流す。そしてすすぎ残しがないようにします。

洗顔後のタオルドライも、こすらないが基本です。タオルを当てて水分を拭き取るようにしましょう。

洗顔の基本三カ条
肌はこすらない!
・よく泡立てる!
・優しくクルクル洗う!

はい。とっても大事なことです。これは私の洗顔の基本三カ条ですが、みなさんも一緒に意識しましょう。毎日行うものですから、肌への負担をなるべく減らして、キレイな肌を目指しましょうね。

洗顔の基本

【まとめ】

いかがでしたか?

洗顔の大切さと基本をしっかりと学べたでしょうか?

【まとめ】
・洗顔は、肌の上で不要になった皮脂と汗を落とすために行う。
・洗顔をきとんとしないとシミや毛穴の目立ちの原因になる。
・自分に合った洗顔料選びも大事。
・洗顔をしないと皮膚が劇的に悪くなる。
・洗顔の基本とやり方を理解して、肌の負担を無くす。

以上のことをしっかりと覚えておきましょうね!

洗顔には肌楽プラチナプラセンタ洗顔石鹸 60gが本当におすすめです。強いけど優しい洗顔!この機会に是非、洗顔料を見直してみてください♪

今回の記事では、世界一ためになる!美容成分図鑑を一部参考にさせていただきました。
美容に関する成分からアイテム、スキンケアから肌の基本まで、気になること全部詰め込まれています!本当にタメになりますよ!
この本を読んで、洗顔石けんの良さを知りましたので。
美意識の高い人へ、是非読んでほしい一冊です♪

みんなでキレイを目指しましょう♪